ゼロからでもピアノは弾ける

趣味ではじめた大人のピアノの記録。2004年に45才でバイエルからスタートしてクラシックの原曲に挑戦中。消音ピアノの活用や練習のヒント、工夫など。気が付けばピアノ歴10年越えです、相変わらず、下手です。はぁ・・・(^^)
<< 2007/04/13 レッスン・メモ | main | 読譜力アップ(8) 楽譜を読みながら弾くための小さな工夫 >>
全記事の総合目次 いままでの記事がすべて整理してあります。
2007/04/15 ピアノを弾き、聴き、おしゃべりする会
●発表会の報告

昨日(2007/04/15)、ピアノの発表会(ピアノを弾き、聴き、おしゃべりする会)に参加してまいりました。

とあるラウンジを借り切って、ちょっぴりお酒も飲みながら、総勢12名の大人のアマチュアの皆様が演奏する、という趣向です。

演奏順をクジで決めたのですが、なんといきなり一番を引いてしまって、少々あわててしまいました。

肝心のドビュッシーのアラベスIの演奏は、予定通り(?)ボロボロ。 (ゆえに、音源のアップは無し)

いちおう言い訳しておくと、

(1) 何しろ準備不足、練習不足。 譜読みを始めたのは一年前ですが、途中で他の曲をメインに練習していたので、半年以上のブランクがあります。 今回の発表に向けて「リハビリ」を開始したのが約ひと月前。 やっと最後まで行けるようになってきた、という状態では、やはり人前演奏は厳しいですね。 反省!

(2) 直前に乾杯があって、喉が渇いていたので、ビールをすきっ腹に一気に飲んだのですが、これは大失敗。 演奏を始めたら胃がキリキリしてきて、タダでさえ緊張でガチガチなのが、ますます動揺してしまいました。

【教訓】酒を飲んで人前演奏してはいけない。(または、ちゃんと酔っ払ってから演奏する)

でも、やはり発表会はいいですね。 皆様の一生懸命な心が伝わってきます。 弾いちゃったもん勝ちで、「自分の番の順番待ち」は無いので、ゆっくり楽しむことができました。

最後に、お師匠様のラフマニノフの模範演奏。 やっぱり、ぜんぜん違います。 私も、あの百分の一でいいから、いつかは弾けるようになりたいなあ、とため息。

その後、二次会で皆様と楽しく歓談。 半年後ぐらいに、またやりましょうと決めて、散会となりました。

このドビュッシーのアラベスIは、自分としてはもう少し何とかしたいので、いつかリベンジを試みたいと思います。
| 坂上酔狂 | 練習日記 | 09:04 | - | - | - | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ