ゼロからでもピアノは弾ける

趣味ではじめた大人のピアノの記録。2004年に45才でバイエルからスタートしてクラシックの原曲に挑戦中。消音ピアノの活用や練習のヒント、工夫など。気が付けばピアノ歴10年越えです、相変わらず、下手です。はぁ・・・(^^)
<< 2007/04/15 ピアノを弾き、聴き、おしゃべりする会 | main | ピアノ雑誌 >>
全記事の総合目次 いままでの記事がすべて整理してあります。
読譜力アップ(8) 楽譜を読みながら弾くための小さな工夫
●なぜ「楽譜を読みながら弾けない」のか?

「楽譜を読みながら弾く」――これが私にとっての大きな課題です。

暗譜で弾く……正確に言うと、指使いを暗記してしまうという弾き方では、一曲仕上げるの時間がかかってしまいます。 また、演奏の途中で止まってしまうと回復困難な状態になってしまいます。

それから、けっこう鍵盤を見ながら弾いています。 実はこれが大きな問題です。

私の場合、ナチュラルポジション(手を移動しないで弾ける範囲)であれば、鍵盤を見なくてもまあまあ大丈夫です。

ポジションの移動を伴う場合でも、ハノンのような規則的、かつ、2度(隣り合う鍵盤)の範囲の移動なら、手元を見なくても何とかなります。

しかし、大きなポジション移動や指またぎがあると、どうしても鍵盤を見てしまいます。 ただし、これ自体は、ある程度やむを得ないことです。

問題なのは、「一度鍵盤に目をやると、(いけないとは思いつつも)ついつい鍵盤を見続けてしまう」という点です。 当然、楽譜の方は「お留守」になります。 これが、諸悪の根源です。

先生にも何度か相談してみましたが、「何となく鍵盤や手元が視野の端に入っているような弾き方が理想」、「酔狂さんの場合、楽譜を見ながら弾けるようになったほうがよい」という答えです。 はい、その通りです。

●どうすればよいのか?

練習法をいろいろ考えてみました。

(1) 鍵盤を布か何かで隠してしまう

どこだったか忘れてしまいましたが、こういう練習法があるというのを読んだ記憶があります。

究極の練習法かもしれませんが、私の実力では、ポジション移動を伴う曲がまったく弾けなくなってしまいます。

(2) 声を出して楽譜を歌いながら弾く

有効だと思いますが、和音は歌えません。

また、#や♭の付いた音が歌いにくいです。 「ド・シャープ レ・シャープ ファ・シャープ ソ・シャープ〜」なんて、やってられませんし、かといって、#や♭を意識しないと違う鍵盤を弾いてしまいそうです。 ドイツ音名を覚えればよいのですが、まだほんの数音覚えただけです。

(3) 譜面台の位置を変える

簡単ですし、多少は効果がありそうです。 まずは、これから試してみることにしました。

●譜面台の位置を変える

グランドピアノの譜面台はかなり高い位置にあります。 一方、多くのアップライトピアノの譜面台(蓋の裏に譜面立てが付いているタイプ)は低い位置にあります。

譜面台が低い位置にある、ということは、ついつい鍵盤に目をやりやすい、ということです。

そこで、アップライトピアノの譜面台をグランドピアノ並に高くする秘密兵器の登場です!  ジャ〜ン!

image

思わず笑っちゃいますけど、これで譜面台の高さが約1m、グランドピアノとほぼ同じになります。 ティッシュペーパーの箱が、ちょうどよいサイズなのです。

奥行方向がグランドピアノより狭いのですが、それはまあよしとしましょう。

これで、鍵盤と楽譜の視点移動が大きくなるので、「鍵盤を見ないようにしよう」という意識が持ちやすくなるのではないかと思います。

また、グランドピアノで練習する時の違和感が減るはずですし、背筋を伸ばして弾く練習にもなるはずです。 (鍵盤に目をやると、どうしても猫背になりがち)

しばらく練習してみて、効果を確認したいと思います。

※ふと思ったのですが、電子ピアノの場合、譜面台の位置がアップライトピアノよりさらに下になります。 これが、電子ピアノの(隠れた)問題点のひとつなのかもしれません。
| 坂上酔狂 | ピアノ練習のヒント | 09:15 | - | - | - | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

このページの先頭へ