ゼロからでもピアノは弾ける

趣味ではじめた大人のピアノの記録。2004年に45才でバイエルからスタートしてクラシックの原曲に挑戦中。消音ピアノの活用や練習のヒント、工夫など。気が付けばピアノ歴10年越えです、相変わらず、下手です。はぁ・・・(^^)
<< 2007/09/26 レッスン・メモ | main | アップライトピアノの連打性能の限界 >>
全記事の総合目次 いままでの記事がすべて整理してあります。
カワイの新消音ピアノANYTIME-Xシリーズ
●技術の進歩

つい先日、カワイのホームページをのぞいたら、新しい消音ピアノが発表されていました。

解説を読むと、これがなかなか興味深い。

従来の消音システムに比べて大きく変わった点は、

(1) 鍵盤ではなくハンマーの動きを読み取るIHSS(インテグレーテッドハンマーセンシングシステム)

(2) 消音時に響板をスピーカーの一部として使う「響板スピーカーシステム」 (上位機種のATX-fシリーズのみ)

の二点のように思います。

興味のある方は、カワイのホームページからANYTIME-Xシリーズというページに行ってみてください。

宣伝文句通りだとすると、生ピアノに近いよりリアルなタッチを再現できますし、音色に関しても、音量を抑えながら生ピアノの音に近づくはずです。

来月から店頭展示が始まるみたいなので、暇を見つけて触りに行ってみたいと思います。

その結果、「こりゃ、いい」となると物欲病が再燃しそうですが、さすがに100万円ぐらいはするので、衝動買いはありえません。 (私の持病は慢性金欠病……)

●ヤマハはどうする?

カワイの永遠のライバル(?)、ヤマハは何か新製品を出すのでしょうか?

現時点ではまったく何の情報もありませんが、(ついでに言うと、私に何か特別な情報ルートがあるわけでも何でもありませんが、)ちょっぴり期待してしまいます。

普通のピアノだと「一度買えば一生もの」なのですが、消音ピアノ、すなわちデジタル技術を駆使した電子製品の場合、ほんの数年で最先端の製品が陳腐化してしまいます。

だから、ベースとなる生ピアノは末永く、消音システムは簡単に最先端のものに取り替えられるような工夫があると助かります。 そういう画期的な製品は出ないのでしょうか?
| 坂上酔狂 | 消音ピアノ&IT活用 | 10:30 | - | - | - | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ