ゼロからでもピアノは弾ける

趣味ではじめた大人のピアノの記録。2004年に45才でバイエルからスタートしてクラシックの原曲に挑戦中。消音ピアノの活用や練習のヒント、工夫など。気が付けばピアノ歴10年越えです、相変わらず、下手です。はぁ・・・(^^)
<< 2007/11/14 レッスン・メモ | main | 2007/11/28 レッスン・メモ >>
全記事の総合目次 いままでの記事がすべて整理してあります。
中級レベルの教本決定!
●先生と相談

中級レベルの教本選びの話の続きです。

前回のレッスンの最後に、私の師匠のA先生と「次の教本選び」の相談をしました。

まず私が「ツェルニーつまんない光線」をいっぱい出したら、確かにそうね、ということでツェルニー30番は却下。 (しめしめ)

次にソナチネの話になりましたが、「酔狂さんは、ソナチネって、おもしろい思いますか?」という先生のお言葉。

内心は、ソナチネが先生の次のお勧めになるのかと思っていたのですが、意外な展開。 「いや〜あ、つまんなくはないと思いますが……」 (確かに積極的にやりたいとは思わない)

「じゃあ、バッハは?」 ――「けっこう好きです」 ということで、あっさり「バッハ インベンションとシンフォニア」に決定。

それで済むかと思いきや……

「あともう一つ、エチュードもやった方がいいわね……」 (といいつつ、巻末によく載っている難易度別教本・曲集一覧をパラパラめくって) 「そうそう、この『ツェルニー 8小節の練習曲』とか、どうですか? 一曲一曲が短いからすぐ弾けるようになるし、いろいろなテクニックの練習になりますよ」 ――「あ、はい。じゃあ本、買ってみます」

ということで、いままでの「ブルクミュラー 25の練習曲」の次は、「ツェルニー 8小節の練習曲」と「バッハ インベンションとシンフォニア」を併用することになりました。

●ツェルニー 8小節の練習曲

「ツェルニーつまんない」と散々言っておきながら、麗しきお師匠先生に勧められると、ツェルニーでもいいとコロッと態度を変えるのが、オヂサンのテキトーにしてイイカゲンな習性です。

ほら、昔から言うじゃないですか――「オヂサンは豹変す」って。 (言わないって ^^)

ま、しかし、同じツェルニーでも「ツェルニー 30番」とはちょっと雰囲気が違います。



この本の特徴は
(1) とにかく短い。サクサク進める。数をこなす快感がありそう。
(2) 難易度的に譜読みの練習にちょうどよい。(今の私のレベルだと)
(3) 左右の手を均等に鍛える。(と解説に書いてある)
(4) ハノン同様に「メカニックの練習」と割り切れる。
といったありです。

試しに1番を弾いてみましたが、初見でも、何とかなります。 (実際は、初見って言うほど大それたものじゃないです……楽譜見ながら超ゆっくりで、とりあえず最後まで間違えまくりながらもいける程度です)

ただし、これを正確に早く弾くためにはそれなりの練習が必要です。

基礎訓練にはかなり有効かもしれません。

●バッハ インベンションとシンフォニア

これも1番の出だしだけ弾いてみました。

インベンションは二声の曲集です。 簡単に言うと、「カエルのうた」とか「静かな湖畔の森の影から〜」のような輪唱曲を複雑にしたようなものです。

しかし、これが難しい。 「ツェルニー 8小節の練習曲」とは難易度が違います。 こちらの方が断然難しいです。

そして、「おもしろい」です。

やっててすごく燃えます。 それに自分で弾いてみて感じたのですが、教育用の練習曲かもしれませんが、とにかく弾けるようになるために相当の訓練が必要ですし、いったん弾けるようになったとしても、どう表情をつけるのか、いろいろと考えないといけません。 CDも何枚か聞いてみましたが、弾き方がまるで違います。 とにかく、とても「勉強」になる本です。

同様の記述をいくつかの本やブログでも見かけましたが、まさに、そのとおりです。 さすが、「音楽の父 バッハ大先生」、です。

●エチュード2冊併用、計4冊体制

というわけで、間もなく次の4冊体制になります。 (先生曰く、この手の組み合わせが「王道」なんだそうです。)

(1) ハノン
(2) ツェルニー 8小節の練習曲
(3) バッハ インベンションとシンフォニア
(4) 人前演奏用の曲

ちょっと大変そうですが、ブルクミュラー終了後は、この体制でレッスンを続ける予定です。 (途中でメゲるかも……と、いちおう予防線)
| 坂上酔狂 | ピアノ練習のヒント | 18:04 | - | - | - | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ