ゼロからでもピアノは弾ける

趣味ではじめた大人のピアノの記録。2004年に45才でバイエルからスタートしてクラシックの原曲に挑戦中。消音ピアノの活用や練習のヒント、工夫など。気が付けばピアノ歴10年越えです、相変わらず、下手です。はぁ・・・(^^)
<< 第一回発表会への道 その4 (発表会当日) | main | 外部スピーカーを使う >>
全記事の総合目次 いままでの記事がすべて整理してあります。
ヘッドホン交換で練習効率アップ
消音ピアノに付属するヘッドホンは、はっきり言って安物です。ところが、消音ピアノで使用している音源は、各社の最高級機種のコンサートグランドピアノの音をサンプリングしたものです。

そこで、ちょっといいヘッドホン(5千円ぐらい?)に換えてみてください。高音や低音の伸びがまったく違います。

その上で、生ピアノとの体感的な音量差があまり無いように音量を調整しましょう。音の大きさの制御感覚が生ピアノに近くなるはずです。これだけでも、練習の効率がアップします。

さらに、ヘッドホンには「長時間だと疲れる」、「耳が蒸れる」、「外部の音が聞こえにくい」といった問題があります。こういった点を改善するためには、主に高級オーディオの世界で使われる「オープンエア型ヘッドホン」が有効です。

私が使っているのはソニーのMDR-F1という製品です。実売価格2万円以上とちょっといい値段しますが、下の写真で分かるように完全な開放型で、しかも200gと超軽量!

image

これを使い始めると、もう他のヘッドホンには戻れません。
| 坂上酔狂 | 消音ピアノ&IT活用 | 07:08 | - | - | - | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ