ゼロからでもピアノは弾ける

趣味ではじめた大人のピアノの記録。2004年に45才でバイエルからスタートしてクラシックの原曲に挑戦中。消音ピアノの活用や練習のヒント、工夫など。気が付けばピアノ歴10年越えです、相変わらず、下手です。はぁ・・・(^^)
<< 指を鍛える(1) ガチガチ期 | main | 指を鍛える(3) 手を広げる >>
全記事の総合目次 いままでの記事がすべて整理してあります。
指を鍛える(2) 急成長期
●2,3ヶ月目:急成長期

ピアノを始めて2,3ヶ月目あたり、ちょうどバイエルの60番から70番に差し掛かった頃です。

この頃はある種の伸び盛りです。

最初の「ガチガチ期」を何とか抜け出して、多少は指が動くようになってきました。 脳と指が、ピアノを弾くことに適応を始めたのでしょう。

それに、まだ一曲一曲が短いので、一回のレッスンで二曲、三曲とマルをもらえていた時期です。

ピアノレッスンの初期段階で、一番、幸せな時期だと思います。

あと、少しは余裕が出てくるので、同時にいろいろと欲が出てきます。

●脱力への無駄な努力

何を読んでも「脱力」、「脱力」と書いてあります。 「よし、我輩も脱力を目指すぞ!」と力んでいた時期でした。

「脱力の練習法」みたいなものを、ネットで探したり、本を読んだりして、「これなら出来るかな」と思うものを試してみます。

でも、全然ダメです。 うまくいきません。

「力を抜いて、腕を鍵盤に落とす」みたいな事がよく紹介されていますが、なかなか力が抜けません。 本当にこのやり方でいいのか、さっぱり分かりません。

今にして思えば、まだ「本格的な脱力訓練」には早すぎたのです。 ネットや本でよく見かける「脱力の練習法」は、既にある程度テクニックを身に付けた人のためのものであり、ピアノ歴数ヶ月のオヂサンにはまだ無理なのです。

その原因は、簡単に言うと、脱力の前提となる基礎が出来ていない、ということです。
| 坂上酔狂 | ピアノ練習のヒント | 09:09 | - | - | - | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

このページの先頭へ