全記事の総合目次 いままでの記事がすべて整理してあります。
スマホ版(PCの時は無効)
<< 目次生成ツールの更新 | main | 読譜力について最近思うこと >>
2011.01.05 Wednesday

バッハ インベンション12番のトリルの3連符

0
    ●3連符のタイミングが難しい

    いま、バッハのインベンションの11番、12番、14番を平行して練習してします。 3曲とも難しいのですが、特に困るのが12番に数箇所出てくるトリルの3連符です。 (例えば、第1小節、第3小節などに出てきます)

    トリルの部分が、速くなったり遅くなったり、どうもタイミングがうまくとれません。

    先生によると、ここは32分音符で弾くやり方もあるのだそうですが、私の持っている楽譜だと、16分音符に合わせて3連符で弾く指示になっています。 32分音符で弾く方が多分楽なのですが、テクニック向上のためにも何とか3連符の方で頑張りたいです。

    それで・・・、例によって最初は「超ゆっくり」で練習するわけですが、それでも感覚が掴めません。 逆にプロの演奏は、速すぎて何だかさっぱり分かりません。(涙)

    ●MIDIデータを作ってみました

    ゆっくり演奏のお手本が欲しかったので、最初の4小節分だけMIDIのデータを作ってみました。

    メトロノーム20での演奏です。

    MP3版(こっちの方が、たぶん音がよい)

    MIDI版(どんな音が出るのかは、使っているパソコンに依存)

    アーティキュレーションとか、芸術性とか、いっさい無しです。 あくまでも、タイミングをとるための練習データです。

    このくらいゆっくりなら何とかタイミングがとれるので、しばらくこの感覚を頭に叩き込むつもりです。

    ●使ったソフトは

    MIDIデータ作成には、MUSEというフリーソフトを使いました。

    これは、メモ帳か何かで「d r m」(Do Re Mi ですね)と書くと、ドレミと演奏してくれる、というものです。 本格的なDAW(Digital Audio Workstation)には及びませんが、けっこう使えます。 それに、シンプルなのがGoodです。 「覚えなければいけないこと」が少ないので、とっつき易いです。

    ちなみに、最初の4小節分のMUSE用のデータはここです。



    MIDIからMP3への変換には、TiMidity++ windows synthesizer(TWSYNTH)というフリーのソフトウェア音源を使いました。 Windowsにオマケ(?)で付いてくる「Microsoft GS Wavetable SW Synth」は、はっきり言って「超しょぼい」音質なので、悲しくなってしまいます。



    今回は、このあたりで・・・。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM