ゼロからでもピアノは弾ける

趣味ではじめた大人のピアノの記録。2004年に45才でバイエルからスタートしてクラシックの原曲に挑戦中。消音ピアノの活用や練習のヒント、工夫など。気が付けばピアノ歴10年越えです、相変わらず、下手です。はぁ・・・(^^)
<< 近況など | main | 1 イントロ(大人のピアノの始め方) >>
全記事の総合目次 いままでの記事がすべて整理してあります。
ピアノ中級の壁(8)
前回の続きです。 今回で、「ピアノ中級の壁」シリーズの最終回にしたいと思います。

●ここ数ヶ月の変化

私にとって、一番欠けていた基礎力は、読譜力でした。 これが、中級の壁のボトルネックでした。

ところが、去年(2010年)の秋ごろから、自分の読譜力が目だって改善してきている実感が沸いてきました。

それまでは、「楽譜が読める」といっても、「次に弾く音を読む」という「一音限定読譜」の状態だったのが、数音ですが「先読み読譜」ができるようになってきました。

すると、手元の鍵盤をあまり見ずに「楽譜を見ながら弾く」ことができるようになってきました。

私の場合は、この事が、様々な基礎力不足の足の引っ張り合いである基礎力不足トライアングルを打破するきっかけになったようです。

一度、「楽譜を見ながら弾く」ことができるようになると、それまでの暗譜頼みの状態に比べて、練習の効率が目に見えて改善します。 「基礎力『不足』トライアングル」は、逆の見方をすれば、「基礎力『強化』トライアングル」です。 ボトルネックであった読譜力が強化され、一度、好い循環が動き出せば、長い停滞から脱却できます。

明らかに、質的変化が生じた、と言ってよいと思います。

●インベンションの記録

その傍証として、最近の結果も含めて、インベンションのマルの表を下に示します。

順番曲名マルの日期間
1曲目インベンション1番2008年7月23日7.1ヶ月
2曲目インベンション4番2009年2月26日7.3ヶ月
3曲目インベンション8番2009年12月9日9.5ヶ月
4曲目インベンション13番2010年2月18日2.4ヶ月
5曲目インベンション10番2010年5月12日2.8ヶ月
6曲目インベンション7番2010年7月21日2.3ヶ月
7曲目インベンション3番2010年8月25日1.2ヶ月
8曲目インベンション15番2010年12月8日3.5ヶ月
9曲目インベンション14番2011年1月19日1.4ヶ月
10曲目インベンション12番2011年2月9日0.7ヶ月
11曲目インベンション11番2011年2月23日0.5ヶ月
12曲目インベンション5番2011年4月13日1.6ヶ月
13曲目インベンション2番2011年4月27日0.5ヶ月
14曲目インベンション6番練習中
15曲目インベンション9番練習中


最初は、なんと、2年で3曲。 たった6ページの楽譜に、それだけの時間がかかりました。 中級の壁に突入した時期です。

しかし、その後、ペースが上がっていきます。

当然、難易度の低い曲からやっているのですが、一曲をこなす時間が短縮していきます。 2010年になると、おおむね2か月強でマルがもらえるようになってきました。

そして……私は、基本的に月2回のレッスンなので、今年(2011年)になってからは、1回のレッスンでインベンションを1曲、マルもらっている事になります。 (合格基準は、相当に甘いのですが。あと、5番に手間取ったのは大震災でモチベーションが上がらなかったせいもあります。)

残りはあと2曲。 2曲とも、譜読みは終わって、弾き込みを始めています。

おそらく、今年の春……遅くとも夏にはインベンションを終えてシンフォニアに入れそうです。

多分、私、★★★中級の壁を越えつつあります。★★★

●中級の壁の長いトンネル

壁を超えるために一番大切なのは、現実的な時間で壁を越えられる「希望」だと書きました。 そして、「成功事例が必要」だとも書きました。 (ピアノ中級の壁(3))

上の表が、その成功事例になっているかどうか分かりませんが、ゼロから始めた大人(中高年)が、曲がりなりにも中級(中級前半)レベルの教本をクリアした、という一つのサンプルです。

あと、エラソーな事を書いているので、わたくし坂上酔狂のことを「ピアノがけっこう上手いんじゃないかと」思っている人が……まあ、いないと思いますが……もし万が一いたら、安心してください。下手です。

じゃあ、何でエラソーな事を書くのかというと、下手は下手なりに何とかピアノを辞めずに続けて来られたので、その記録のためと、中高年でゼロから始めた方の考えるヒントになれば、と思って書いているのです。

●中級の壁の「向こう側」

中級の壁の長いトンネルを抜けると雪国であった。(んなワケ、ない)

寒いオヤジギャグはさておき、私が長々と書いてきた「中級の壁」というのは、正確には、「中級の入り口段階にある壁」の事です。 けっして、「中級の壁」の次が「上級」なワケではありません。(笑)

中級の壁を超えて、やっと普通の中級になるのです。

遥か彼方に雪をかぶった上級の山々がかすかに見えますが、そんな遠くを見る前に、やる事はたくさんあります。

まず、スピードと正確性。

「読譜力強化」を優先するために、あえて「スピードと正確性」を犠牲にしました。 教本で言うと、ツェルニー系の練習をやりませんでした。

ツェルニーに関しては否定的なことも書きましたが(ツェルニー30番の罠)、ツェルニーを全否定しているのではなく、「読譜力がボトルネックの場合には効果が薄い」という事が言いたかったのです。状況が変わってきた以上、ツェルニー系の練習を再検討する時期が近いです。

次に和音。

インベンションは「左右それぞれ一度に一音」が基本です。 だからこそ、読譜のトレーニングにほどよい難易度なのです。 和音は、ほぼまったくと言ってよいくらい、出てきません。

そんなわけで、和音が出てくると、途端に読譜スピードが大幅ダウンです。 ロマン派や近現代の曲をもっと練習しないといけません。

そして、脱力。

我ながら、まだ無駄な力の塊です。 少し長く弾いていると、だんだんと疲れてきて、止まったり間違えたりしてしまいます。 上の「スピードと正確性」のためにも、もう少し脱力した弾き方をマスターしなければなりません。

しかし、これからどんな練習をするにせよ、読譜力が付いてきた事が大いに助けになっています。

まだまだ、ピアノの旅は続きます。
| 坂上酔狂 | 「大人のピアノ」私論 | 17:03 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -
坂上さん、こんにちは!初コメです。

中級の壁、すご〜〜〜〜〜く、興味深く拝見しました。

私は45歳から始めた再開組でないおじさんです、坂上さんは私の希望ですね。

今の目標がインベンションなのですが、本音は少し無理かな〜〜と思っているところがあります。

インベンションを目指すことが、間違いでなかったと思えて嬉しかったです。

全部の記事はまだ読んでないので、又遊びに来ます(^^♪
| kassii3 | 2011/04/29 4:22 PM |

kassii3様、コメントありがとうございます。

kassii3様のBlogも、時々読ませていただいています。プレ・インベンションに挑戦中なのですよね。私も、ピアノ始めて間もないころ、バッハ初級者用曲集(プレ・インベンション相当)を買ってみて、弾こうかなと思ったのですが、他に手いっぱいでそのままになってしまいました。今考えると、この時にバッハを始めていれば、もっと早く上達できたんじゃないかと思います。

今後とも、よろしくお願いしますね。
| 坂上酔狂 | 2011/05/01 7:44 AM |

坂上さん「ピアノ中級の壁」執筆お疲れ様でした。
やはり諦めずにコツコツ続ける以外に道が無いようですが、僕が独学でそこまで根性があるかどうか....
ピアノ教室通って強制力をかけるのも一つの手だと思いますが、残念ながら僕の住んでいる市にはっさい教室がありません。
とにかく練習方法が分からないのです。
このまま「チューリップ」とか「結んで開いて」etc、で練習しても、えらく遠回りな練習と思え、自分で納得できないのです。

>それまでは、「楽譜が読める」といっても、「次に弾く音を読む」という「一音限定読譜」の状態だったのが、数音ですが「先読み読譜」ができるようになってきました。
>すると、手元の鍵盤をあまり見ずに「楽譜を見ながら弾く」ことができるようになってきました。
どこかのの記事で読んだのですがプロともなるとページの半分も弾いていないのに次のページをめくるそうです。
坂上さんはついにその世界に足を踏み入れたのですね、素晴らしいです。
それと、中級者は自分にあった練習方法を、自分で考えることが出来て練習効率が「グンッ!」と上がるそうです。
どうかこの調子でグングン上達しちゃってください。

| レフティおじさん | 2011/05/07 11:50 PM |

レフティおじさん様
コメントありがとうございます。

お悩みの点は、「練習方法が分からない」という点に集約されるのですよね? だとしたら、「教室に通う」事が一番手っ取り早い解決策なんですが……なかなか厳しい、ということなんですよね。

余計なお世話、外野の無責任な意見は承知の上なんですが、ちょっとヒントになりそうな事を書いてみます。

●教室がない

伊豆の国市にお引越しなされたのですよね?

Googleで「伊豆の国市 ピアノ教室」とか検索すると、いくつかヒットします。大手だと、丹沢楽器
http://www.tanzawagakki.com/
というお店がやっているヤマハ系列の教室があるみたいです。他にも、個人教室もあるみたいです。

あと、三島か沼津まで足をのばせば、けっこう教室がありそうです。

時間、交通手段、仕事との兼ね合い、費用等の問題もありますが、何とか教室を探してみるのも一案かと思います。通うのは、月二回、あるいは一回でもいいと思います。(毎週はしんどい)

あと、もし教室に通うのなら、『複数の体験レッスンを受けてから』決めるのが大切だと思います。先生の教える技術も相性も千差万別です。いい先生に巡り合うことが、ピアノ上達の重要なカギです。

●練習方法が分からない

独学だとすると、やはり、ちゃんと説明の書いてある教本を使う事になるのでしょうか。

例えば、私の通っている角聖子音楽院の角先生の書かれた教本で、

「ブラインドタッチで弾けるおとなのたの楽しいピアノスタディ」(全3巻)

というのがあります。私も最初はこれで習いました。(途中から別の本に浮気しましたけど…笑)

この本はタイトルのとおり、鍵盤を見ない(ブラインドタッチ)で、楽譜を見ながら弾けるようになる、というコンセプトで書かれています。他の本に比べて説明が充実しているので、単に楽譜の羅列の本とは違って、そこそこ参考になると思います。(ただし、教室での使用を前提にした部分もあります)

他にも、いい教本やDVD教材などがあるかもしれません。一般書店にはなかなか楽譜は置いてないので、大手楽器店や都市部の大型書店に行った際に、ひたすら立ち読みしまくる、というのも手だと思います。(東京だと、東京駅西口オアゾの丸善書店とか、銀座の山野楽器とかが充実してます。静岡や神奈川だと、土地勘が無くて、ちょっと分かりません。申し訳ないです。)
| 坂上酔狂 | 2011/05/08 10:03 AM |










http://blog.suikyou.watson.jp/trackback/783958
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ