ゼロからでもピアノは弾ける

趣味ではじめた大人のピアノの記録。2004年に45才でバイエルからスタートしてクラシックの原曲に挑戦中。消音ピアノの活用や練習のヒント、工夫など。気が付けばピアノ歴10年越えです、相変わらず、下手です。はぁ・・・(^^)
<< 7 ピアノ選び:アコースティックピアノ編&電子ピアノの限界(大人のピアノの始め方) | main | 文字サイズを少し大きくしました >>
全記事の総合目次 いままでの記事がすべて整理してあります。
8 途中で挫折しないために(大人のピアノの始め方)
今回は、ちょっぴり毒舌モードです。 悪しからず。

●趣味ですから

最初から「やめよう」と思って始める人はいないと思いますが、まったく未経験の状態から始めた大人のピアノの挫折率は、現実問題として、かなり高いのではないかと思います。

やめてしまう理由ですが、例えば、練習が苦痛でしかない、とか、もっと優先順位の高い事がある、とか、そもそもピアノを弾く情熱が消え失せてしまった、とか、いろいろあると思います。

ただ、タイトルと矛盾しますが、大人のピアノは基本的に趣味なので、無理して続ける必要もないと思います。

しかしながら、「本当は続けたいけど、どうしていいのか分からない」という状態になって挫折してしまうのは、後味が悪いですし、ちょっと残念です。

そこで今回は、「なぜ挫折するのか」という理由を考えてみたいと思います。 (と言っても、あらゆるケースを網羅することは不可能ですから、あくまでも私が思いついた範囲内でのお話です。)

●ピアノをなめてはいけない

大人の未経験者の場合、当初の目標が「簡単な曲でいいから、そこそこ弾けるようになればよい」というケースが多いと思います。

実は、これがクセモノです。

この目標には、「まあ、ちょっと熱心に練習すれば、簡単な曲なら何とかなるだろう」という暗黙の前提が隠れています。

何とかなりません。

ピアノをなめてはいけません。

簡単な曲でも・・・たとえば、「メリーさんの羊」とか「チューリップ」のレベルでも、そこそこ上手く弾くためには、かなりの練習が必要です。 (たどたどしく弾ければ十分満足、なら、その限りではありませんが。)

「初心者でもカンタン!○○日で弾ける」などという営業トークを信じてピアノをなめてかかると、「実はピアノはけっこう難しいものだ」と認識した時点で、かなりの確率で挫折します。

上手くなりたいのなら、ピアノをなめてはいけません。 次のような心構えを持つことが大切です。

その心構えとは・・・

●年単位で毎日コツコツ練習を続けるモチベーションを維持する

ピアノ上達の秘訣は、上のタイトルに集約できると思います。 「年単位で毎日コツコツ練習を続けるモチベーションを維持する」ことです。 (長いんで、以下「毎コツ」と略しますね。)

この「毎コツ」が出来る人と苦手な人がいます。

「毎コツ」は、何もピアノだけではなくて、あらゆる勉強、スポーツ、仕事等に共通して要求される資質です。

「毎コツ」が出来る人は、そこそこの難関校に合格したり、難易度の高い資格を取得したり、試合で結果を残したり、仕事の実績を積んで評価されたり、といった経験を持っているはずです。

いわば、過去の成功体験があるはずです。 そういうあなたは、ピアノの上達に一番大切な資質を持っています。 ピアノもきっと上達します。

「毎コツ」が出来る人は、他が間違っていなければ、基本的にピアノをやめない・・・少なくとも何か大きな目標を達成するまでかなり長期間継続出来る、と思います。

仕事の都合などで、本当に毎日は練習はできないかもしれません。 しかし、ピアノに触れなくても、たとえ1分しか時間が無くても、指体操とか、イメージトレーニングとか、ヘッドホンステレオで曲を聴くとか、できることはあります。 (だから「毎日コツコツ練習を続ける」のではなくて、「毎日コツコツ練習を続けるモチベーションを維持する」と書いたのです。)

あきらめずに信じて続けてください。

一方、「毎コツ」が苦手な人ですが・・・いろいろ書こうかと思ったのてすが、あらためてクドクド書く必要もないでしょう。

まず間違いなく、挫折します。

●練習の罠

では、毎コツができれば、絶対に挫折しないか、というと、そうでもありません。

毎日コツコツ練習の目的ですが、ごくごく常識的に言えば、「基礎力をバランスよく鍛える」、「弱点を補強する」、「長所を伸ばす」といったところでしょうか?

「そんなの当たり前じゃないか」と言われそうですが、ちょっと待ってください。

大人の未経験者の場合、何しろゼロからのスタートなので、最初は面白いように上達していきます。

ところが、難易度が上がりだすと、壁に当たります。 いわゆる、スランプです。

ここで、「毎コツ」が出来ない人だと、イヤになってやめてしまいます。 (「書かん」といって、書いてるなぁ・・・笑)

一方、「毎コツ」が出来る人だと、「過去にも壁に当たったことはあった。しかし、それをコツコツ練習で乗り越えた」という成功体験があるはずです。 だから、へこたれません。 先に進めます。

しかし、時には行く手に、恐ろしい罠が待ち構えています。

それは、「間違った練習」をしてしまうことです。 「無駄な練習」ではありません。 「間違った練習」、すなわち、「弱点を伸ばす練習」、「下手になる練習」です。

その原因ですが・・・。

初心者は、自分のピアノ力のどこが弱点なのか自己認識がうまく出来ていない場合があると思います。 弱点を補強しているつもりが、逆に、悪化させている場合があるのです。

いくつか、典型例を挙げてみましょう。

【うつむき弾き】

暗譜(正確には指使いのクソ暗記)が得意なので、そこそこ難しい曲でも弾ける。 そこで、難易度の高い曲に挑戦したがる。 結果として、鍵盤を凝視して弾く「うつむき弾き」が常態化し、読譜力が育たない。 ちょっとでも間違えると止まって弾けなくなる。 なにクソと、クソ練習して、クソ暗記して、でも暗譜力の限界が実力の限界になって、上達が止まってしまう。 (私がまさにコレでした)

→まず、読譜力を育てる事が先決。

【速弾き】

リズム感が弱い方の場合ほど、なぜかしら速く弾きたがる。 たぶん、速く弾くと「誤魔化せる」から。 「速く弾く」イコール「上手い」と思っているから。 ところが、どうしても曲にならない。何かヘン。 一所懸命練習しても、完成度が上がらない。 実は、ひたすら速く弾こうと練習することで、間違ったリズム感の演奏を一所懸命に体に叩き込んでしまっている。

→ゆっくり、正確に弾くことを覚えるべき。

【反脱力弾き】

無理な姿勢で、腕や指に無駄な力が入っている。 たとえば、よく目にするのが、小指。ピンと立ったままになっている。 こういう方の演奏は、とにかく硬い。 安心して聞いていられない。 きっと本人もリラックスして弾きたいと思っているのだろうけれど、それがうまくできていない。 結果的に、無理な姿勢で無理に弾くことをひたすら練習している。

→座り方や肘や手の形を矯正する必要あり。

他にも、いろいろなパターンがあると思います。

いずれにしても、間違った練習のまま「毎コツ」すると、だんだん下手になっていきます。 (少なくとも、上達しません)

これでは目も当てられません。 よほど意志強固な人でも挫折してしまいます。

このような間違った練習を自覚するためには、ちゃんとしたレッスンを受けてください。 間違いを自力で認識し、かつ、正しい練習法を見つけ出すのは、まず無理です。

●独学の限界

また、これが「独学の限界」の原因の一つです。

「間違った練習」でも、最初は、他のピアノ力が未熟なので、欠点が目立たずに、努力すれば一定のレベルまでは行けます。 (初級終了ぐらいかな・・・。教本で言えばブルクミュラー25の練習曲ぐらいまで。)

ところが、その「一定のレベル」に到達すると、今度は欠点が露呈してきます。

しかし、「毎コツ」できる人であればあるほど、「今までこれで上達してきたんだから、上手くいかないのは練習不足のせいだ」と思ってしまいます。 過去の成功体験がかえって悪影響を与えてしまう一つの例です。

そして、熱心に練習すればするほど、袋小路にはまり込んでいき、最後に、心が折れてしまうのです。

独学の是非についてはいろいろな意見があるようですが、この「間違った練習で毎コツする」のは、独学の陥りがちな本質的かつ構造的な問題です。

あくまでも私見ですけど、大人の未経験者が、独学で中級終了レベル以上に到達するのは、ほぼ不可能だと思います。 上に述べた「練習の罠」(=間違った練習で毎コツする)を回避することが、きわめて難しいからです。

●独学からレッスンへの移行

「独学に限界を感じてレッスンを受ける」というパターンも、よくあると思います。

しかし、気を付けてください。 ここにも別の罠が潜んでいます。

独学で弾いてきた人がレッスンを受けるようになると、「一度前に戻ってやり直す」という指導を受けることも多いと思います。

要するに、独学で「変な癖」(=間違った練習の成果!)が染み付いてしまっていて、まずこれを直さないことには先に行けない状態になっているケースです。

実は、これが、しんどい。

「変な癖」が付こうがどうしようが、弾ければいいじゃないか、という意見は当然あるでしょう。

しかし、一般に「正しい」とされる奏法は、たくさんのピアニスト達が試行錯誤して見出した合理的な奏法でもあるのです。 正しい奏法にも身体的な差異によるバリエーションや調整の余地はあると思いますが、「変な癖」はただの「非効率的な癖」にすぎません。

一度、変な癖がつくとその矯正はきわめて困難です。

子供なら、頭や体の柔軟性もあるし、時間もあります。 大変ですが、矯正できるかもしれません。

しかし、大人、特に中高年の場合は、矯正が絶望的になる場合も多いはずです。

どんなに言われても、直らない、直そうとしない、直せない。

それでも頑張って直そうとすると、いったん大幅な後退を余儀なくされます。 下手は下手なりに何とか弾けるポジションやメソッドを身につけているのですが、それをいったん放棄することが求められます。

しかし、中高年はその後退を耐えがたく感じることも多いと思います。 人生の残り時間という意味での時間がありません。 とりあえず弾けていたというプライドが許しません。 やり直して上手くなるという確信が持てません。 結局、ピアノを弾こうとするモチベーションそのものを消失してしまいます。

上昇志向の強い方、がんばっていた方ほど、ここで挫折して、残念ながら、ピアノをやめる危険性があります。

そうならないためにも、適切なレッスンを最初から受けるべきです。 「最初が肝心」です。

もし後退を余儀なくされたとしたら、それを謙虚に受け入れることです。 「急がばまわれ」です。



後半が、ちょっと独学否定論になってしまいましたが、今回はこのあたりで……。
| 坂上酔狂 | 大人のピアノの始め方 | 22:28 | comments(14) | trackbacks(0) | - | -
こんにちは!
今回も興味深く拝読しました!
私が言うのはまだ早いとは思いますが、「まさにその通り」と、私が感じているところを文章化していただいてるみたいで、すごく納得です(^^ゞ

特に今私が避けようと思っている「練習の罠」のところですね。

理屈では分かっているつもりなのですが、それを避けるには、もちろんそれなりの努力が必要で、それもそれは余り楽しくない(笑)

さてさて、楽譜を見ながらゆっくりと弾きましょうか、あっ、小指を立てないで(^^♪
| kassii3 | 2011/08/16 11:07 AM |

kassii3様、こんにちは。

今回の記事は、最初は「独学について」というタイトルで書きだしたのですが、書いているうちに、「独学とレッスンを受けることの差異って、何だろう」と考えていくうちに、だんだんと内容が変わってきてしまいました。

というのも、挫折の原因で、「独学だろうとレッスンだろうと程度の差はあれ共通のもの」と、「独学特有のもの」を分けて考えることができそうだ、と思ったからです。

例によって屁理屈なんですけど、何か考えるヒントになれば幸いです。

P.S.
クレメンティ、とっても上手ですよ。がんばってください!
| 坂上酔狂 | 2011/08/17 7:10 AM |

はじめまして

興味深く読ませて頂きました。
先生はついた方が絶対いいですね。
ちなみに私は『毎コツ』はレッスンなければ絶対無理ですわ。
『大人のピアノ』は『初心者』『再開組』『継続組』とあるらしいですけど、この前者2つが多いと思います。

『再開組』でも自分の弱点とモチベーションUPの為ならった方がいいんですよ。
これがピアノでなくエレクトーン等の違う鍵盤経験者した人のピアノ独学者だと、本当に目を当てられない・・・。
また中途半端に知識あるもんだから、それが正しいと思い込むんですよね。

しかし、『初心者』の苦労はホント、経験したことないんです。
楽譜を見ながら演奏する、指くぐり等、なんでできるのかと言われても本当にわからない。簡単に言えばどうやってごはん食べてるの?という質問みたいな感じです。先生はピアノを弾く場合は感覚で教えてると思うし、ピアノの先生って子供の頃から叩き込まれてるから、この経験したことない『初心者』の苦労をどうやって教えられるのか、教える事できるのか、疑問に感じてます。

場違いな事書いてしまったらすみません。
| とまちゃん | 2011/08/17 8:03 PM |

とまちゃん様、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。(場違いな事なんて、全然ありません。コメントいただけて嬉しいです)

Blogの方も拝見させていただきました。(まだ、一部しか読んでませんけど)
ご主人もバイオリンをやっていらっしゃるんですね。音楽一家で、なかなか素敵です。

私はまさに『初心者』からのスタートで、楽譜がほぼ読めない状態からピアノを始めました。一方、ピアノの先生は小さいころから習われているので、とまちゃん様の書かれたように、「分かる人には、分からない人が、なんで分からないか、分からない」という状態に陥りがちだと思います。このあたりが、大人のピアノの指導における難しさの一つではないかと思います。

幸い、私の師事しているA先生は、このあたりの事情に理解があります。つい先日も、私が最近やっと楽譜が少し読めるようになってきたことにいたく感心して、どんな段階を踏んで読めるようになったか、という私の話を熱心に聞いてくださいました。また読譜で悩まれている別の生徒さんに、私のBlogを紹介してよいか、と聞かれました。(もちろん快諾)

やたら屁理屈ばかり多い拙Blogですけど、今後ともよろしくお願いします。

P.S.
リンク集にとまちゃん様のBlogを追加させていただきました。よろしかったでしょうか?

| 坂上酔狂 | 2011/08/18 7:52 AM |

こんにちは。

ブログの更新、ありがとうございます!
とても有意義な内容なので、ひとつずつ、ゆっくり拝見していきます。

毎コツ・・・私の場合、これに尽きます。。。
会社から帰宅して、ジョグ・入浴・食事などを終え、さらにピアノへ向かうのは、なかなかパワーが要ります。
さらに、アップライトが居間にあるので、身勝手に人払いなどできません。

先生からは、鍵盤に慣れるという目的でデジピを活用しては・・・とアドバイスを受けました。
やる気はあるのですが、なかなかピアノへ向かえない・・・目下のテーマです。

タイミングよく弾き始めると、楽しいんですけれど。。。
「のうだま」理論の実践も考え中です。。。
| papi | 2011/08/18 2:40 PM |

papi様、こんにちは。

「もしドラ」とかいうのがあるので、悪のりで「毎コツ」とか勝手な用語を作ってしまいしまた。(笑)

用語はともかく、毎コツするのは、なかなか難しいですよね。デジピでヘッドホン、というのも、日本の住宅事情を考えると、現実的な解なんですよね。

すみません、「のうだま」って知りませんでした。思わず、検索してしまいました。「脳を騙す」んですね。作者の池谷裕二さんて、有名な脳科学者ですよね。この方の著作は、何冊か読んだことがあります。けっこうおもしろかったです。

なんにせよ、利用できる知識やノウハウは貪欲に利用して、ピアノライフの充実につなげたいものです。
| 坂上酔狂 | 2011/08/19 10:09 AM |

こんばんは。

リンクして頂いたんですね。
ろくな事書いてませんので、非常に恥ずかしい限りです。
こちらもリンクさせて頂きました♪

ここまで、初心者の苦労と克服方法を書き連ねてるブログは初めてだったので、非常に興味持ちました。
でも7年続けてるとの事、ここまで来たら、ようやく色んな曲に着手できて、楽しくなっていくのではないでしょうか?
こちらこそ宜しくお願いします。
| とまちゃん | 2011/08/19 10:32 PM |

とまちゃん様

相互リンク、ありがとうございます。

石の上にも3年、ピアノの上にも7年(?)です。カタツムリの歩みですけれど、少しはピアノが弾けるようになってきました。(下手ですけど・・・笑)

私のBlogですが、性格がけっこう凝り性&おせっかい焼きなので、ついつい余計なことまでいろいろと書いてしまいます。まあ、Blogにあーでもない、こーてもない、と書くのも、それはそれで面白いので、趣味の一環です。ハイ!
| 坂上酔狂 | 2011/08/20 7:43 AM |

私がまさに悪い練習の結果、練習のわなにはまっています。 これを読んではっきりしました。
現在68歳ピアノ歴3年ですが最低2時間の練習を重ねてきました。 でも読譜が苦手なのです。 練習量多いので暗譜してしまうので3年目にしてはブルグミューラーレベルの曲を(エリーゼのためになど)10曲余りおわらせましたが初見でやさしい曲を弾けない。 完全に下向きプレーでした。
先生に今練習しすぎないよういわれておりやさしい初見の本を併用しながらジャズとブルースをならっています。
前へ行き急ぎたようです。 どうやって矯正しようか暗中模索ですがうんとレベルを下げたCelebration Series, The Piano Odysseyなどで気長に楽譜を読んでいきます。
| JJ | 2013/06/29 1:54 AM |

初めまして、かっぱさんと申します。現在50歳ですが、以前から憧れていたピアノを2か月前に始めました。

「毎コツ」分かりやすいですね。私も同感です。以前、空手を習っていた時に「握り3年、立ち方3年」とか「千日をもって初心とし、万日をもって極みとす」なんて言いましたから、そんなに簡単にピアノが弾けるとは思っていません。

習い事でもスポーツでも受験でも、「毎コツ」の成功体験者はこの文章を理解できると思います。毎コツ成功の未体験者にも通じかどうかは、どうなんでしょうね。ともかく大いに同感しましたので投稿させていただきました!!
| かっぱさん | 2014/04/04 12:23 PM |

かっぱさん、こんにちは。管理人の酔狂です。コメントありがとうございます。
いろいろゴタゴタしていて、コメントへのお返事がちょっと遅れてしまいました。すみません。
ピアノ初めて2か月とのこと、がんばってくださいね。

「千日をもって初心とし、万日をもって極みとす」というのは、ちょっと検索してみたら、宮本武蔵の『五輪書』の言葉が元になっているんですね。

「万日」は、約30年。ピアノも武道も、達人の域に達するためには、そのくらいの練習が必要なんですね。勉強になりました。

| 坂上酔狂 | 2014/04/06 9:08 AM |

こんにちは。
親子でピアノを習い始めて、ちょうど3年経ちました。 石の上にも… で、少々振り返ってみたところ、

「ピアノをなめてはいけない」「チューリップでも難しい」というワードを思い出し、思わず探してコメントしにきてしまいました。

子どもの課題がちょうどチューリップでして、両手奏ですが、習い始めの段階で、3年経ったらチューリップが弾けますよ、と言われても、やる気にはならないだろうな…と思います。

しかし、このテクニックのための教本は、第4巻で、第5巻まで終えたら、チェルニー100番へ進めますよ、という感じです。

進むペースが速いとは言えませんが、かといって趣味程度と考えていれば遅すぎるとも思えません。
理由としては、着実に読譜力や鍵盤感覚を身につけてきているからです。これより難しい楽譜だと、楽譜を読みながら鍵盤をあまり見ずに弾くということはできないと思います。

練習熱心であれば、1-2年でドンドン身につけていくのかもしれませんが、趣味程度の練習量であれば、3年は粘るべきかもしれないなと思いました。

また、本人に合った教本にたどり着くのにも、少々時間を要しました。先生と生徒と親との相互理解が進むのにも1年以上かかり、3年目にして、本人の趣向を3者があまりズレなく捉えられるようになった気がします。


最後に私自身は、シンフォニアを地道に続けていくことで迷いはありません。
長々と失礼しました。
| 再開両立ママ | 2016/02/06 4:19 PM |

再開両立ママさま
酔狂です。いつもコメントありがとうございます。

親子でピアノ3年目、おめでとうございます。やはり、「石の上にも三年」ではありませんが、3年続けると、大人も子供も、きっと違ってくるのだと思います。特に子供は、どこかで「きっかけ」が掴めると、あれよあれよという間に上達していってしまうものです。子供の潜在力は、すごいものだと、よく感心させられます。

また、先生、親御さん、子供の三者の理解は、なかなか難しい。特に「自分の子供と他人の子供を比べてしまう」のは、あんまり良いことではないと考えてます。インターネットの質問サイトとか見ると、「ウチの子が〜、よその子が〜」というお母さんからの質問がたくさんあります。しかし、子供の「個人差」は大きいので、勉強でもスポーツでもピアノでも、その子にあったペースで着実に進めるほうが、最終的には「先に」いけます。親の欲目で過剰な期待を抱いたり、逆に「どうせダメだ」と子供に言うのは、相当な悪影響があります。(詳しくは書けませんげと、実例をたくさん知っています)

その点、再開両立ママとピアノの先生は、時間をかけてコミュニケーションをとって、確実に前進できていると思います。きっと、「いい先生」に巡り合ったのですね。親子ともども、頑張ってください。
| 坂上酔狂 | 2016/02/07 2:59 PM |

お返事をありがとうございます。

比べないって難しいですね。
実は、上の子は、子ども自身が比べてしまい、教則本が進まず、悪循環でした。

本人の好きな曲をと思っても、JPOP の導入レベルなどは、もはや別の曲…
大人のようにゆったりした曲をたくさん知っていることもなく。
最後に、キャサリンロリンのプレリュードに巡りあい、何とか満足のいく終わり方ができてホッとしました。

下の子は、自らは比べないため、超ゆっくりですが、私も周りを意識せず、続けられるようにしたいと思います。
| 再開両立ママ | 2016/02/10 3:44 PM |










http://blog.suikyou.watson.jp/trackback/783967
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ