全記事の総合目次 いままでの記事がすべて整理してあります。
スマホ版(PCの時は無効)
<< ピアノが弾けない時のために | main | コメントにお返事できなくてすみません >>
2013.04.14 Sunday

SONY MDR-F1の後継ヘッドホンは?

0
    ●なぜフルオープンエア型ヘッドホンか?

    以前の記事で、「消音ピアノ用にはフルオープンエア型ヘッドホンがよい」とお勧めした事があります。 その理由を改めて述べてみます。

    1. ピアノの音色には、弦の発する音だけでなく、アクション(鍵盤機構)の発する雑音も混じっている。 この雑音の音量は意外と大きく、その大小が、ピアノの音色の固い・柔らかいに反映しているはず。
    2. 消音ピアノの音にもアクションの雑音は含まれていると思うが、たぶん、抑えられている。(超上手い打鍵の音をサンプリングしているのでしょうから)
    3. だから、下手くそが下手くそに打鍵しても、きれいな音色になってしまう。
    4. ところが、外部の音がまる聞こえのフルオープンエア型ヘッドホンを使えば、生ピアノのアクションの音が聞こえる。
    5. これは、ピアノのタッチの訓練に大いに役立つ。


    そして、フルオープンエア型ヘッドホンとして当時唯一の製品であったSONY MDR-F1をお勧めしました。この製品、軽いし、耳に負担をかけないし、音質もいいし、とても良い製品でした。

    MDR-F1
    上の写真は、現在使用中のもの。

    ところが、このMDR-F1が製造中止になってしまったのです。

    ●SONY MDR-MA900はMDR-F1の後継か?

    2012年4月に、SONYから新たなフルオープンエア型ヘッドホンとして、MDR-MA900が発売になりました。

    実は、発売直後に買いました。(物欲にすぐ負けます)



    (参考:SONYのサイトにある開発者インタビュー)



    その使用感ですが、結論から言います。う〜ん、微妙です。

    【良くなった点】
    1. 音質は、確かによくなりました。 低音の迫力、高音の抜けなどは、聞き比べればすぐ分かります。


    【悪くなった点】
    1. ヘッドバンドの形状が変更され、装着しにくくなりました。 MDR-F1は、フリーアジャストヘッドバンドになっていて、なにも考えずにスッとかぶればよかったのですが、MDR-MA900は、いちいちヘッドバンドを出し入れして長さを調整しないといけません。 しかもせっかく調整した長さが、すぐ、ずれます。 この欠点は、けっこう大きいです。
    2. 耳パッドの材質が、MDR-F1ではビロード状のもので快適でしたが、MDR-MA900では布状のものに変更されました。 開発者インタビューには音質うんぬんと書いてありますが、少なくとも私にとっては、付け心地が悪くなりました。


    この二つの製品のうち、どちらを選ぶか、と言われれば、私なら旧タイプのMDR-F1を選びます。 実際、普段使っているのもこちらです。

    ●他に候補は無いのか?

    他には消音ピアノ向きのヘッドホンは無いのでしょうか?

    残念ながら、フルオープンエア型は、ありません。(多分)

    フルオープンエア型に準ずるものとして、オープンエア型があります。 これは、耳を覆う構造になっているのですが、完全には密閉はされていないので、音が自由に出入りできるというものです。

    代表的なところでは、オーディオテクニカの製品群などがあります。



    私が持っているのは旧タイプのATH-AD700という製品ですが、今ですと、ATH-AD700Xに相当します。



    このATH-AD700でも悪くは無いのですが、欠点があります。(現行のATH-AD700Xの感想ではないのでご注意を)

    1. SONYのMDR-F1/MDR-MA900に比べて、「ドンシャリ系の作った音」、すなわち、迫力を出すために高音域や低音域を強調している傾向がある。(あくまでも私の耳にそう聞こえるという話) 音楽鑑賞用としては「好み」の問題であるが、ピアノの練習用としては、「ひたすら素直な音」が欲しい。
    2. 外部の音の聞こえ方が、フルオープンエア型に比べて、やや劣る。
    3. ちょっと重い。
    4. 耳パッドが耳たぶに当たっているので、長時間かけていると、耳が痛くなってくる。 これは、店頭で試聴するだけでは、なかなか分からない。


    オーディオテクニカの場合、型番違いで安いのから高いのまで揃ってますが、安いものでもそこそこの音質です。(一番安いATH-AD300も、持ってたりします。いったいいくつ買えば気が済むのでしょう?)

    他にも、ゼンハイザー、ローランド、ヤマハなどからもオープンエア型ヘッドホンは発売されており、試聴した事もあるのですが、いずれも、耳パッドが耳たぶに当たったり、圧迫感が強かったりして、私としては購入意欲が湧きませんでした。







    ●これから買うとしたら?

    正直、困りますねぇ。

    まあ、SONYのMDR-MA900でしょうか?

    実際に買うとしたら、店頭でじっくり試聴したり、ネットのレビューを参考にしてください。

    その際、音質だけではなくて「長時間かけていて疲れない」事が絶対条件ですから、この点に注意してくださいね。 さもないと、私のように、使わない無駄ヘッドホンのコレクターになってしまいます。
    コメント
    こんばんわ。

    ヘッドフォンはつい最近購入しました。
    酔狂さんが絶賛されていた Sony のものの後継機種と迷ったのですが、高かったし、私はあまり性能のいい耳を持っていない(笑)ので、結局「audio-technica 楽器モニター用ヘッドホン ATH-EP700」というものにしました。どうせ電子ピアノの音なんてつくりものの音なんでしょうし、なによりも私のへたくそなピアノで高いヘッドフォンを買っても意味ないと思いましたので(苦笑い)

    でもお話は楽しく読ませていただきました。
    次の記事も期待してまーす♪
    • ギャンP
    • 2013.04.14 Sunday 22:41
    まずは、ピアノ復帰おめでとうございます!

    ボクもこちらのブログを拝見させていただいて、ヘッドフォンを購入しました。
    酔狂さんが以前の記事で仰っていた通り、ヘッドフォンを変えただけで、ピアノを弾く楽しみが倍増しました!
    うちの部員にも、オープンエア型のヘッドフォン購入を勧めちゃいました(^_^;)

    ボクの職場には、音楽を始めてみたいけどなかなか実践できないというアラフォー世代が何人かいます。
    そういう人達にとって、酔狂さんのブログはとっても参考になるし、何より勇気づけられると思います。
    これからも、お体を大事にしつつ、楽しいピアノライフを送ってください。
    次の更新も、楽しみにしています\(^o^)/
    ギャンPさま
    酔狂です。

    亀レスですみません。私の「屁理屈ヘッドホン論」は、あくまでも「個人の感想」なので、あんまり気にしないでください。

    ATH-EP700ですが、ネット上の口コミの評判は、とても良いみたいですね。とにかく、自分で気に入って納得していれば、それが一番だと思います。
    • 坂上酔狂
    • 2013.04.19 Friday 16:17
    峰さま
    酔狂です。

    > まずは、ピアノ復帰おめでとうございます!

    ありがとうございます。m(_ _)m
    皆さんに心配されちゃって、恐縮です。

    アラフォー世代に、ぜひ勧めちゃってください。
    私も45歳でピアノを始めていつの間にか9年、いまや立派(?)な50代ですけど、少しでも早く始めて、よかったと思います。
    • 坂上酔狂
    • 2013.04.19 Friday 16:17
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM