ゼロからでもピアノは弾ける

趣味ではじめた大人のピアノの記録。2004年に45才でバイエルからスタートしてクラシックの原曲に挑戦中。消音ピアノの活用や練習のヒント、工夫など。気が付けばピアノ歴10年越えです、相変わらず、下手です。はぁ・・・(^^)
<< 消音ピアノの「お手軽」録音・再生環境 | main | iPad+USBオーディオ・インターフェース >>
全記事の総合目次 いままでの記事がすべて整理してあります。
iPad/iPhoneお手軽録音アプリ YAMAHA Cloud Audio Recorder
最近、iPadやiPhoneなどのIOS機器での音楽制作環境が充実してきているようです。

そんな中で、YAMAHA Cloud Audio Recorderという「チョイ録り、チョイ再生」がお手軽にできるアプリを見つけました。200円! けっこう使えます。初代iPadでも大丈夫です!

起動すると、下のような何ともレトロなテープレコーダーの画面が出てきます。操作方法も、昔懐かしいテープレコーダーといっしょ。と言うか、「巻き戻し」が無い分、こっちの方が簡単です。




それから、再生した時に「最新の録音から再生してくれる」のがありがたい。ここが「古い録音から再生」だと、超使いにくいのです。単純な事ですが、使い勝手に大きく影響します。

録音中は、テープリールがグルグル回るのですが、これもグッド。ボタン押し忘れを防げますし、いかにも「録音してるぞっ!」という感じがします。

また、過去の録音は、次の画面で管理できます。ここで、日付がファイル名になっているのですが、この機能もマル。変にFILE001、FILE002とか通し番号になっていると、かえって管理しづらいです。もちろん、任意の名前に変更可能です。

また波形が表示されるのもマル。ドラッグすれば途中から再生とかも簡単にできます。



最低限の編集やエフェクトもついています。SoundCloudという音楽版YouTubeみたいなサイトへのアップロード機能もあります。(まあ、でも、私には、あまり縁がないかな)

むしろありがたいのは、iTunesを使えば、簡単にパソコンに取り込めること。(iTunes上で接続されたデバイスを選び、Appメニューのファイル共用で出てきます。後は「保存先」ボタンかドラッグ&ドロップでコピーできます)



録音品質は、「Wav 44.1KHz、16bit。1Fileあたり最大30分」という、いわゆるCDクオリティで、録音時間も短め。昨今の高機能録音アプリの水準からするとちょっと弱いです。とは言っても、自分の演奏のチェックや記録には十分です。

高度なDAW(Digital Audio Workstation)とかは、ダウンロードしただけで、ぜんぜん使いこなせていないのですが、このCloud Audio Recorderならうまく活用できそうです。

残念なのが、内蔵マイクを使うのでモノラル録音になってしまう点と、録音・再生の音質がイマイチなこと。

これは、iPad/iPhoneに外部USBオーディオインターフェースをつなげば、解決できます。実は、いろいろ試行錯誤している最中ですが、なかなか一筋縄ではいきません。これについても、上手くいったら記事にしてみたいと思います。
 
| 坂上酔狂 | 消音ピアノ&IT活用 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.suikyou.watson.jp/trackback/783984
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ