ゼロからでもピアノは弾ける

趣味ではじめた大人のピアノの記録。2004年に45才でバイエルからスタートしてクラシックの原曲に挑戦中。消音ピアノの活用や練習のヒント、工夫など。気が付けばピアノ歴10年越えです、相変わらず、下手です。はぁ・・・(^^)
<< iPad+USBオーディオ・インターフェース | main | グランドピアノ ヤマハC1X-SHを購入しました >>
全記事の総合目次 いままでの記事がすべて整理してあります。
大人のピアノ10年の記録/ピアノ練習における学習曲線
早いもので、年が明けて2014年になると、ピアノを始めて10年になります。
よくぞまあ、続いたものです。相変わらず、下手ですが・・・。

ピアノ10周年記念に、ちょっとしたグラフを作ってみました。(クリックで拡大)

 learning curve 1

横軸が「ピアノを始めてからの年数」、縦軸が「練習曲のマルの累積個数」です。
一部、「マルもらった日」をちゃんとメモしておかなかったので、適当に推定・補間した部分も含みますが、まあ、大勢に影響はありません。

それで、作った当人も意外でしたが、これがまた見事な「学習曲線」を描きます。

「何かに習熟する際には伸びる時期とスランプ(プラトー)を繰り返す」という事は、日常よく経験しますが、それを実際にデータに基づいて可視化してみると、けっこうインパクトがあります。(「学習曲線」を検索)

「マルの累積個数」と「実力」は、必ずしもストレートに比例するものではありませんが、成長の度合いを客観的に評価する一つの指標にはなりうるでしょう。

また、私の場合、「バイエル」→「ブルクミュラー」→「インベンション」→「シンフォニア」、という比較的オーソドックスな順で練習を進めてきたので、一般的な進度との比較もやり易いと思います。

それぞれの時期が分かりやすいように、ちょっとグラフに加筆してみました。当時の事を思い出して、けっこう感慨深いものがあります。

皆さまの何かのご参考になれば幸いです。

learning curve 2
| 坂上酔狂 | 「大人のピアノ」私論 | 12:12 | comments(11) | trackbacks(0) | - | -
流石! ですね。

たいへん興味深いデータです。
いつもながらよくもこういったすばらしいアイデアが出てくるものですね。

酔狂さんのデータを拝見して自分と比べてみると、今のところかなり似通った経過をたどっているようです。というのは・・・

最初の1年近くはほぼ比例関係になっていますね。

僕はもうすぐピアノを始めて1年になりますが、これまでだいたいそんな感じだったんですが、ここ1、2ヶ月で減速し始めました。

ただ似通っているといっても、進歩の度合いはだいぶ違います。
酔狂さんはほぼ1年でバイエル卒業ですが、僕の場合はまだ酔狂さんがおっしゃっていた「バイエル80番台の壁」にぶちあたっている状態のように思われます

バイエル自体はやってませんが、

http://www5b.biglobe.ne.jp/~piano-k/

で見ると、今はちょうど80番台あたりのレベルで四苦八苦しているからです。

| gyanP | 2013/12/28 10:52 PM |

gyanPさん、こんにちは

記事に載せたグラフでは、「バイエル80番台の壁」改め「初級中盤の壁」、という事にしてあります。バイエル以外の教本の方も多いでしょうから。しかし、どんな教本でも、このあたりが最初の壁なんでしょうね。

トンプソン現代ピアノ教本1(←gyanPさんのお使いの本ですよね)は、ピアノを弾き始めた直後に、ほんの少しだけ使っていた本です。懐かしくなって、思わず引っ張り出して弾いてしまいました。最後の方は、それなりに難しい曲も多いですよね。頑張ってくださいね。

| 坂上酔狂 | 2013/12/29 8:59 AM |

はじめまして!
ピアノ始めてまだ4ヶ月の大人初心者です。
大変勉強になる記事が多く、いつも楽しく読ませて頂いています。
同時に、自分も諦めずに続けていればいつかはと、励みにさせて頂いております。

今回のデータも大変参考になります。
というか、実際の練習と進歩の過程をこれほど長期間にわたりかつ視覚的に表したものは他には無いのではないでしょうか?

ハノン、ツェルニー、ピシュナのようなメカニック強化との関連性なんかも面白そうですね!

自分はまだまだデータにできるレベルではとてもありませんが、いつか私も自分の足跡が他の方の役に立つ程になれるよう頑張りたいです^_^
| ハル | 2013/12/31 1:12 PM |

ハルさま、こんにちは。コメントありがとうございます。

> 今回のデータも大変参考になります。
> というか、実際の練習と進歩の過程をこれほど長期間にわたりかつ
> 視覚的に表したものは他には無いのではないでしょうか?

もしかしたら、そうかもしれません。少なくとも日本語サイトに関しては、Googleで検索したかぎり、それらしいものはありませんでした。

私が、まったくの未経験からピアノを始めた時に感じた最大の懸念は、「大人から始めて弾けるようになるのか」という事でした。情緒的、断片的な情報はあるのですが、説得力がいま一つです。今回のグラフが、その疑問の解消に少しでも役立てばいいな、と思ってます。

ハルさんも、ピアノ歴四か月という事で、これからもしかしたら壁に当たる事もあるかもしれませんが、頑張ってくださいね。

| 坂上酔狂 | 2013/12/31 3:34 PM |

おもしろい!私はまだ三年弱。
| きゅうる村 | 2014/01/02 12:38 PM |

はじめまして。
ピアノを始めた年齢や目標とするところが近いので、親近感をもって読ませていただきました。
論理的アプローチも面白く、参考になる部分もたくさんありました。
思うように伸びない時期が来ても、こちら参考に気長に前向きに続けようと思いました。
また、遊びに来ます。
| ふかえり | 2014/02/11 1:09 PM |

ふかえりさま、こんちには。酔狂です。
コメントありがとうございます。
ふかえりさまのBlogも少し読まさせていただきました。ピアノを始めてまだ間もないのですね。私のBlogで何か参考になるとことがあれば幸いです。たま〜にしか更新しませんが、また、読みに来ていただけるとうれしいです。
| 坂上酔狂 | 2014/02/12 10:28 AM |

はじめまして、バッハのシンフォニアの練習方法を検索してるうちにこちらにたどり着きました。

私は子どもの頃ピアノを習っていて、大人になってからやっとインヴェンションとシンフォニアを始めました。
シンフォニアがなかなか上達しなくて不安になっておりましたが、グラフを見て、毎日適正な時間、正しく練習を続けている限りいずれはできるようになるんだと心の励みになりました。

私もシンフォニアが終わったら平均律クラヴィーアに挑戦したいです。
平均律クラヴィーアの練習記録も、これから楽しみにしております。
| てっぼうゆり子 | 2015/12/30 5:52 PM |

てっぼうゆり子さま
管理人の酔狂です。コメントありがとうございます。

インヴェンションとシンフォニアに限らず、バッハは「猛烈に時間がかかります」。

つい先日も、平均律1巻11番(もう半年以上練習している)のスピードがどうしても上がらなくて、先生から「マル保留」と言われてしまいました。(悔しいので、年末年始でリベンジ根性練習・・・したいけど・・・根性無いからできるかな・・・笑)

でも、バッハは(あるいは他の曲でも)、自分では分からなくても、練習すれば必ず伸びているはずですし、そう信じて、練習を続けましょう。
| 坂上酔狂 | 2015/12/31 3:05 PM |

こんばんは。
話題がバッハだったので、ついつい…

1ヶ月程 バッハはお休みしていたのですが、年末からまたシンフォニアに取り組み始めました。
最初にすることは、3色マーカーで、声部の色分けです。 ←先程やりました。
そのあと、メインメロディの切り替わりをチェックしていきます。
とりあえずの合格でも、最低2ヶ月はかかりますね。

時間はかかっても、力にはなっていると感じるので、コツコツと頑張ります。

| 再開両立ママ | 2015/12/31 10:55 PM |

再開両立ママさま
酔狂です。

バッハは大変ですよね。よく楽譜を見ると、ある意味これは当然でして、インペンション以降は、(ごく一部を除いて)一曲の中に「繰り返し」の小節が一つもない、全小節が異なります。だから「見かけ」は見開き2ページで短く見えますけど、実はけっこうな労力を要します。

コツコツで、頑張りましょう(^^)v
| 坂上酔狂 | 2016/01/02 1:43 PM |










http://blog.suikyou.watson.jp/trackback/783986
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ