ゼロからでもピアノは弾ける

趣味ではじめた大人のピアノの記録。2004年に45才でバイエルからスタートしてクラシックの原曲に挑戦中。消音ピアノの活用や練習のヒント、工夫など。気が付けばピアノ歴10年越えです、相変わらず、下手です。はぁ・・・(^^)
<< グランドピアノ ヤマハC1X-SHを購入しました | main | バッハの平均律に突入 >>
全記事の総合目次 いままでの記事がすべて整理してあります。
ヘッドホンMDR-F1逝く
長年、サイレントピアノ用に愛用していたSONYのヘッドホンMDR-F1が、ついに壊れてしまいました。 雑音がひどくて、使用に耐えません。 何度も落としてしまったので、それが原因でしょう。 耳当ての部分も、だいぶくたびれてきてしまっています。 ありがとうございました。 合掌。

MDR-F1

MDR-F1の後継機種にあたるSONY MDR-MA900ですが、ずいぶん前に購入してありました。 音質は良くなっていると思いますが、ヘッドバンドの装着感が今一つです。 この件については、以前にも記事にした事がありました。 (「SONY MDR-F1の後継ヘッドホンは?」)

HPH-200P

もう一つ、YAMAHAのサイレントグランドピアノに付属していたヘッドホンですが、オープンエア型のHPH-200Pという型番のものです。推測ですが、おそらく、市販品のHPH-200と同じものです。 こちらも、なかなか良いヘッドホンだと思いますが、音の作り方が SONY MDR-MA900とずいぶん違います。

MDR-MA900

簡単に比較してみると、

【SONY MDR-MA900】
 ○とにかく素直でフラットな音。聴き疲れしない。軽い。蒸れない。耳たぶへの負担が小さい。
 ×ヘッドバンドの装着感が今一つで弱い。低音が薄い。

YAMAHA HPH-200
 ○重厚な音。サイレントグランドピアノの純正付属品なので音色のマッチはよいのかな(?)
 ×耳たぶを抑えるタイプなので、長時間装着はきついかも。「作った音」感が強い。

という感じで、ほぼ正反対の性格です。

しばらく併用してみて、そのうち自然と「こっちがいい」と収斂していくのだと思います。

ああ、しかしマズい事に、「ヘッドホン探しに電気屋に行きたいよう!」病の発症の兆候があります。

今月は、お財布がピンチなのに、ヤバいです。(笑)

 
| 坂上酔狂 | 消音ピアノ&IT活用 | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.suikyou.watson.jp/trackback/783988
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ