全記事の総合目次 いままでの記事がすべて整理してあります。
スマホ版(PCの時は無効)
<< ピアノ継続率(挫折率)と教本 | main | 「ラベリングが出来ない」とはどういう事なのか/ピアノは目で弾け >>
2015.03.04 Wednesday

大人がピアノを《普通》に弾くためには

0
    ●大人のピアノの目標

    《「普通の曲」を「普通に弾ける」ようになりたい》

    これが大人から始めた方の典型的な目標でしょう。他にも、《あこがれの「あの1曲」が弾きたい》というのもあると思いますが、1曲弾けたら、他も弾きたくなるのが人情と言うものです。

    ここで、「普通の曲」というのは、例えばクラシック系なら「ピアノ名曲集(初級編)」とか、ポピュラー系なら「J-POP&アニソン定番曲集」とか、ジャズ系なら「永遠のスタンダードナンバー ピアノソロ編」とか、その手の楽譜集に載っていそうな曲(ただし複数)という意味です。

    そして、「普通に弾ける」というのは、そんな超絶技巧なんて無理だから、止まらずに、そこそこ音楽的に弾ければよい、ということです。

    ●ぜんぜん普通じゃない《普通》

    実は、《あこがれの「あの1曲」が弾きたい》は簡単です。

    大人の気合と集中力と見栄とセコさで、数か月か1年その曲をひたすら練習すれば、簡略化したアレンジ譜かもしれませんが、いちおう弾けるようになります。勘のいい若い方なら、数週間で行けるかもしれません。はい、たいへんよくできました(花マル)!

    それで、普通は、「1曲弾けたんだから、他の曲も《普通》に練習すれば弾けるようなるだろ」と考えます。

    これが、ならないんです。ホントに。悲しいくらいに。

    正確に言うと、弾けるようになるんですけど、前の曲が弾けなくなります。暗譜が記憶から消えます。だから、何とか弾けるのは、練習中の今の1曲だけ。

    永遠の《あこがれの「あの1曲」型》です。

    ここに至って、「基礎力が無いからダメなんだ」と悟ります。

    それで、遅かれ早かれ、基礎練習を始めます。

    そして、その基礎練習を通じて、《「普通の曲」を「普通に弾ける」》ようになるためには、膨大な時間と労力が必要なことを理解します。《普通》は普通じゃないんです。

    もう、ここまでは、超定番、お約束のコースです。

    「初心者ピアノ」のBlogを良く見るのですが、それはもう皆さん、感心するぐらいに同じ道を通ります。

    さて、ここから先が、今回、書きたいことの本題です。(前置きが長くてスミマセン)

    ●《普通》に弾けない理由

    「音楽性が無い」からじゃありません。ピアノを弾きたいと思う大人は、みんな音楽が好きでしょうし、音楽を「歌う力」を持っているはずです。

    「指が動かない」からでもありません。「普通の曲」程度であれば、訓練で動くようになります。

    では、何が問題かというと・・・。

    それは、「ドレミ・鍵盤位置ラベリング能力」と「リアルタイム読譜・運指力」が無いからです。(詳細は後述しますが、内容は何となく分かると思います。)

    どちらの能力もない場合、曲を弾くためには、運指をひたすら暗記するしかありません。多くは視覚的な記憶に頼ることになります。大人の初心者に多く見られる、いわゆる「鍵盤凝視弾き」、「うつむき弾き」、「覚え弾き」です。

    人間の記憶力には限界がありますから、この「覚え弾き」で弾ける曲数には限界があります。これが、《「普通の曲」を「普通に弾ける」》ようにならない理由です。

    ●「普通に弾く」ための能力

    ピアノを「普通に弾く」ためには、次の二つの能力の「どちらか一方」が必須です。曲がりなりにも11年間ピアノを弾いてきた私の結論です。(もちろん両方あればなおよい)

    (1) ドレミ・鍵盤位置ラベリング能力

    音を聴くだけ(あるいは、思い浮かべるだけ)でドレミと鍵盤位置が分かる(ラベリングできる)能力です。絶対音感か相対音感かは問いません。絶対音感の方なら、「ド」の音を聴けばそれが自動的に音名の「ド」と認識され、「ド」の鍵盤位置が決定されます。相対音感の方なら、認識された階名から調に応じた鍵盤位置への変換が必要になりますが、それさえできれば、絶対音感の方とほぼ同じです。

    絶対音感・相対音感どちらの場合でも、知っている曲なら、それを頭の中でドレミで鳴らすことができ、ドレミが鳴った時点で鍵盤位置が決定されます。すなわち、弾けます。

    補足】よく考えたら、音からドレミを介在せずに直接鍵盤位置にラベリングするタイプもあるはずです。いわば、「ダイレクト鍵盤位置ラベリング能力」です。もしかしたら、ジャズ・ポピュラー系の方に多いのかもしれません。今回の記事では、便宜上、「ドレミ・鍵盤位置ラベリング能力」の一変種ということにさせてください。また、以下の文章も適宜読み替えてください。(ちょっと手抜きですが、書き直す元気がないので・・・笑)

    (2) リアルタイム読譜・運指力

    演奏速度で楽譜を読んでそれを運指に変換する能力です。クラシック系なら楽譜に忠実に、ジャズ系ならリードシート(メロディ+コード)からアドリブ(インプロヴァイゼーション)で運指を決定します。楽譜を見ますから、当然、鍵盤を見ないで弾くブラインドタッチが前提となります。(チラ見はOK・・・ジャズだとかなり鍵盤見てもOKかな?)

    この能力があれば、基本的に楽譜さえあればどんな曲でも弾けるはずです。

    ●なぜ、「どちらか一方」あればいいのか

    まず、曲そのものは、ほぼ頭の中に入っていることが大前提です。

    また、たくさんの曲の運指をすべて覚えているのは、驚異的な記憶力の持ち主でない限り、不可能です。

    ですから、頭の中で曲のイメージをどうやって保持しているのか、そこからどうやって運指を決定しているのか、それが鍵となると思うのです。

    私は、大きく分けて二つの方法があると考えています。「弾いたことは無いが、知っている曲を初めて弾く」ことを想定してみてください。

    (1) もし「ドレミ・鍵盤位置ラベリング能力」があれば、「曲を知っている」ことと「ドレミを知っている」ことは等価です。ただし、「弾いた事はない」ので、鍵盤位置は演奏時に認識されます。したがって、(基本的には楽譜無しでも)次の順で運指が決定されます。
    【頭の中の曲のイメージ+ドレミ】→【弾くべき鍵盤位置】→【運指】

    (2) もし「リアルタイム読譜・運指力」があれば、曲のイメージと楽譜からの外部情報により、次の順で運指が決定されます。(ただし、ラベリング能力が弱い場合は、「曲を知っている」ことと「ドレミを知っている」ことは等価ではないことに注意してください。)
    【頭の中の曲の音のイメージ+楽譜の音符・指番号】→【ドレミ+弾くべき鍵盤位置】→【運指】

    初見が得意な方、耳コピが得意な方は、この双方が強力かつうまく連携できているのだと思います。(細部は個人差があると思いますが)

    いずれにしても、上の(1)か(2)のどちらか一方が動けば、曲は弾けます。

    ●ピアノの先生には分からないかもしれない

    ピアノの先生は、子供の時から練習を重ねて、この「ドレミ・鍵盤位置ラベリング能力」と「リアルタイム読譜・運指力」の両方を身に付けた人たちです。

    一方、大人から始めた初心者は、この二つの能力がまったくありません。

    もちろん小さな子供にもこの二つの能力は無いのですが、ちゃんと教えて、ちゃんと練習すれば、身に付きます。

    もしかしたら、ピアノの先生は、ご自分が小さい時にどうやってこの能力を身に付けたか、記憶が無いのかもしれません。特に、ドレミがどういうプロセスを踏んでドレミに聞こえるようになったのか、その成長過程を客観的に説明できるでしょうか?

    だから、ピアノの先生は、大人から始めた人の頭の中が分からないのかもしれません。(ピアノの先生のBlogなどで、そう受け取れる記述を時々見かけます)

    ●大人から始めて「ドレミ・鍵盤位置ラベリング能力」は身に付くのか?

    あくまでも私の場合です。

    11年間、それなりに努力もしましたが、「ドレミ・鍵盤位置ラベリング能力」はまったく付きませんでした。私には、どうしても曲がドレミに聞こえません。ドレミが分からないので、当然、鍵盤位置にも変換できません。

    その代わりに、例えば下のト長調の音階を「シ・ミ・ド・ラ・ファ・レ・ラ・ソ・レ〜」とか歌えます。(一度、師匠の前でやってみせました。師匠「気持ち悪くありませんか?」、私「いえ、全然!」。)

    G-Dur

    これは、「相対音感が無い」というのとは違いますから、間違えないでくださいね。それなりの相対音感は、たぶん、あります。

    そうではなくて、「ド」の音が「ド」という記号(ラベル)と結びつかないのです。これは、そういう風に私の脳が出来上がってしまっているからだと思います。要するに、「ラベリング能力が無い(→だったら鍛えればよい)」というのではなく、「ラベリングしない方向に能力が発達してしまっている」ということだと思います。

    私の主張に疑問をお持ちの方(で、ラベリング能力がある方)、上のト長調の音階を、下のように歌う練習をしてみてください。けっこう「キツイ」と思いますよ。

    (1) ド・ラ・ファ・レ・レ・ド・ド・ソ・ラ
    (2) レ・ミ・ファ・ファ・ラ・ミ・ド・ド・ド
    (3) ソ・ミ・ミ・ミ・レ・ファ・ミ・ラ・ド
    (4) ミ・ファ・シ・ファ・レ・ラ・ファ・レ・ファ
    (5) レ・ソ・ラ・シ・ド・ファ・ド・ファ・ソ
    (6) ラ・シ・ファ・ファ・レ・レ・レ・レ・ミ
    以下、果てしなく続く・・・

    これは、「ラベリング型」の音感の方に、「ノン・ラベリング型」の音感を身に付けていただくための、暗黒のソルフェージュ(笑)の練習です。

    「ノン・ラベリング型」の私が、「ラベリング型」の練習をするのも、たぶん、同じぐらい大変です。

    もしかしたら、「ノン・ラベリング型」から「ラベリング型」への移行には、ある種の年齢的な限界(臨界期)があるのかもしれない、と感じています。(実証研究を探したのですが、うまく見つけられませんでした。よって、あくまでも「個人の感想(笑)」です。)

    ちなみに、絶対音感は6〜7歳ぐらいまでに何らかの訓練をしないと習得できない、とされています。(根拠を知りたい方は、そのへんの素人のサイト(←たとえば私のサイト。笑)ではなくて、Google Scholarあたりで「絶対音感」、「absolute pitch」といったキーワードで論文を検索してみてください。)

    ●大人から始めて「リアルタイム読譜・運指力」は身に付くのか?

    こちらも、あくまでも私の場合です。

    身に付きます。恐ろしく、時間と手間はかかりますが。

    いま、バッハの平均律の鬼楽譜(笑)と悪戦苦闘してますが、たまに、昔やった楽譜を取り出してみると、易しく感じます。

    当時は、数小節進むだけで何日もかかった曲でも、とりあえず、超ゆっくり、間違えたり止まったりはしますが、通しで弾けます。(ということは、弾けてない、ということですが・・・笑)

    だから現状だと、《「普通の曲」を「ヘナチョコに弾ける」》程度ですが、読譜力も運指力もゆっくり向上して来てるのが分かります。まだ「普通に弾ける」まで何年もかかりそうですが、手の届かない目標ではないと思います。

    ●努力目標・・・私の場合

    ですから、私の場合、《「普通の曲」を「普通に弾ける」》ようになるためには、

    (1) 「リアルタイム読譜・運指力」に全力を投入する。すなわち、楽譜を見て弾くことに集中する。

    (2) 「ドレミ・鍵盤位置ラベリング能力」は、あきらめる。

    というのが唯一の方法ではないかと考えています。

    普通に弾ける》までの道はタイプによって違う

    実は、今回の記事を書くきっかけになったのは、前回の記事で「暗譜した方がよい」というコメントを頂いた事と、大人の指導に力を入れているであろうピアノの先生のBlog(複数)に「大人に楽譜を読むように指導するのは困難」という主旨の発言を見つけたからです。

    もし、ある大人の生徒さんが、私のように「ドレミ・鍵盤位置ラベリング能力」が身に付かないタイプだとすると、楽譜を読むことを放棄した時点で、《「普通の曲」を「普通に弾ける」》ようにならない、という結論になります。これは、「良い・悪い」の問題でなくて、論理的に考えて、そうなる、という話です。

    このような生徒さんの場合は、《「普通の曲」を「普通に弾ける」》ためには、たとえ道は長く険しくとも、読譜力とブラインドタッチ力を徹底的に強化するのが、ほぼ唯一の方法のはずです。

    また、楽譜を見て弾くのが基本なので、暗譜にはこだわらなくよい、ということになります。

    逆のケースとして、その生徒さんが、「ドレミ・鍵盤位置ラベリング能力」の素質はあるが、「リアルタイム読譜・運指力」が苦手な場合を考えてみます。ようするに「聴いて覚えた曲は弾ける」方です。

    このような方は、もしかしたらクラシック系より、コード奏法によるポピュラー演奏などに向いているのかもしれません。右手のメロディは「知っている」ので弾けますし、左手のコード演奏は、ある意味ワンパターンです。ポピュラー系限定なら、意外とあっさり《「普通の曲」を「普通に弾ける」》ようになるかもしれません。ただし、複雑な音を駆使するクラシック、特にバッハのような曲は苦手かもしれません。

    さらに言えば、このタイプの人は、さほどブラインドタッチにこだわらなくてよいのかもしれません。(猫背で鍵盤凝視はマズイと思いますが。)

    ●片手練習 v.s. 両手練習

    その人の「ドレミ・鍵盤位置ラベリング能力」と「リアルタイム読譜・運指力」の優位性と、効率的な練習法にも関係があるはずです。

    例えば、片手練習と両手練習のどちらが良いのか、という議論。

    「ドレミ・鍵盤位置ラベリング能力」が優位の方は、たぶん、片手練習が有効です。

    このような方は、曲を、左右それぞれのメロディとして「聴いて覚える」はずです。人間は、同時に複数のメロディを「聞く」ことはできますが、同時に複数のメロディを「発声」することは、身体構造上不可能です。よって、一つのメロディを弾いて歌って覚えて、最後にそれらを組み合わせる、という練習は合理的です。

    一方、「リアルタイム読譜・運指力」が優位の方は、たぶん、両手練習の方が有効です。

    ちょっと話がそれますが、楽譜がまったく読めない初心者でも、将来、読譜力が育つ可能性か高いかどうか判定する方法があります。(たぶん)

    それは、本を読むのが速いかどうか、です。(私は、自慢しているようで申し訳ないのですが、かなり速いです。)

    速読する時は、複数箇所をほぼ同時に読んでます。もちろん、ある瞬間には一箇所を注視しているのですが、視点を高速に動かしています。また、語の順番どおりには読みません。飛ばして読んで、必要とあらばさっと戻って読んで、前の行を読んで、次の行を読んで、という読み方をします。

    この能力が、そのまま読譜力に転化されるはずです。

    このような方の場合、曲を、楽譜を読む視点移動の連鎖として「見て覚える」はずです。「正しい場所」を見ることができれば「正しく弾けます」。片手練習は、(テニック的に弾きにくい箇所ではやりますが、)基本的に無駄、場合によっては有害です。なぜなら、片手練習と両手練習では視点移動のやり方が異なるからです。片手練習で付けた「視点移動の癖」を、両手練習に切り替えた時にいったんリセットして、改めて両手演奏用の「視点移動の癖」を付けるのは二度手間です。最初から、両手練習によって曲を弾くために必要な視点移動を練習した方が有効です。(もちろん歌うことも有効ですよ!)

    ●タイプによって練習法を変える−−それが《普通に弾ける》ための最短距離

    最後にまとめとして、大人の初心者の場合は、タイプに応じて練習法を変えるべき、というのが結論です。ピアノの先生側から見ると、指導法を変える、場合によっては、まったく逆の指導をする、ということになります。

    もちろん、「リアルタイム読譜・運指力」と「ドレミ・鍵盤位置ラベリング能力」の双方を鍛えることが理想ですし、小さな子供さんの場合はある程度可能でしょう。

    しかし、大人の場合は、時間がありませんし、脳の可塑性が低下しています。本人の適性と逆の練習/指導だと、ピアノがイヤになってしまいます。

    大人には、子供の柔軟性・学習能力はありませんが、知恵はあります。ぜひ、いろいろと考えて工夫して、《普通に弾ける》ための最短コースを探してください。それが、《「普通の曲」を「自由に楽しく弾く」》ためのコツです。


    ※今回の記事では、下のサイトが大変参考になりました。ありがとうございました。
    あなたの音感は何型か?(たくき よしみさん) http://takuki.com/onkangata.html
     
    コメント
    うーん、どちらだろう・・・

    自分にはどちらの能力も中途半端な状態で、存在している感じです。
    確かに、弾けるようになった曲は、次の曲に取り掛かると弾けなくなってしまう。
    そのことには長年不安を感じていたが、半年前から気に入っている今までの曲を見直し始めました。初めはびっくりするほど忘れていて弾けなくなっていましたが、もう一度譜読みしなおすと、以前よりかなり楽に弾けるようになりました。
    でも、やらないとまた忘れそうなので、常に5曲くらいは維持してます
    私の場合は楽譜が必須で、暗譜で弾けるのは2曲だけです。

    ある程度なら耳コピできます。メロディだけとか。でも、鍵盤叩きながら音さがす感じです。
    知らない曲でも楽譜で、なんとなくこんな曲ってのもわかりますが、外れていることもあります。
    このト長調の楽譜なら、ぱっと見てソラシドレドシラソーと、相対音感で歌えますが、歌詞のように適当に当てはめた1-6でも歌えます。気持ち悪いってほどでもないけど、変な感じはします
    そして、私も最初から両手がいい。片手で、どんなにスラスラ弾けても、合わせるのとは違う感覚なので。

    私の場合、今後は暗譜していくことが目標です
    そうしないと、スピードが出ない、感情が込められないことに気づいたからです
    最近では、先生に「今のは何を意識して弾いた?」と聞かれるので、困ります
    弾くだけで精一杯なのに・・・です

    酔狂さんの分析面白いです
    でも、普通って・・・なかなか到達できないですね・・・
    • みい
    • 2015.03.06 Friday 20:20
    みいさま、酔狂です。
    いつも、コメントありがとうございます。

    > 自分にはどちらの能力も中途半端な状態で、
    > 存在している感じです。

    これが、人によってかなり違う、ということをピアノを続けていて、初めて知りました。
    私の場合は、完膚無きまでに、ラベリングできません(涙)。

    その代わり、お気に入りの曲だと、そこそこ脳内再生(?)できちゃったりします。

    > でも、やらないとまた忘れそうなので、常に
    > 5曲くらいは維持してます
    > 私の場合は楽譜が必須で、暗譜で弾けるのは
    > 2曲だけです。

    うらやましいです。私の場合は、ホント1曲だけ。情けなくなります。師匠に聞きましたが、けっこうそういう方が多いみたいです。

    > このト長調の楽譜なら、ぱっと見てソラシド
    > レドシラソーと、相対音感で歌えますが、歌
    > 詞のように適当に当てはめた1-6でも歌えま
    > す。気持ち悪いってほどでもないけど、変な
    > 感じはします

    これも、自分にとって当たり前の音感が、人にはぜんぜんそうではない、という例だと思います。私の場合は、ドレミは完全に単なる「歌詞」です。

    ピアノの先生を捕まえて、片っ端からテストしてみたい、と思うんですけど、きっと嫌われてしまいます(笑)。でも、たぶん、音感(ラベリング能力)の強い人ほど、歌えないと思います。みいさまも、(嫌われない範囲内で)ピアノを弾ける身の回りの人にやってみたら、きっと面白ですよ。私の予想が正しければ、ぜんぜんヘッチャラから、無理無理〜、まで、相当に個人差が大きいと思います。

    > そして、私も最初から両手がいい。片手で、
    > どんなにスラスラ弾けても、合わせるのとは
    > 違う感覚なので。

    そう、これも「人による」んです。片手練習とか、声部ごとの練習とか、師匠に言われてやってみたのですが、ぜんぜんダメです。音がバラバラになってしまって、かえって覚えられません。

    だから、最初は、「音を縦に聞いている、和音で聞いている」と考えました。確かに、そういう面もあると思うのですが、楽譜が多少は読めるようになってきて、かえって片手練習がイヤになってきてしまいました。そして、ある時期から、「正しく楽譜を見ている、あるいは鍵盤をチラ見している」時にちゃんと弾けている、という事に気づきました。それで、ある意味、「ピアノは目で弾く」という側面もある、と思うようになりました。普通は、「ピアノは耳で弾く」んだと思いますが、音感に制約のある大人は、「目で弾く」ことも重要なのではないかと思います。

    > 私の場合、今後は暗譜していくことが目標で
    > す
    > そうしないと、スピードが出ない、感情が込
    > められないことに気づいたからです

    発表会で弾くような曲は、私も暗譜です。暗譜するぐらい弾き込まないと、とても人前演奏はできません。みいさまの言うように、スピードも出ません。だから、90%は暗譜しないといけません。

    ただ、100%暗譜が必要、「暗譜しないと音楽的に弾けない」という思い込みが、特にクラシック系のピアノの先生にあるような気がします。一生懸命練習して、結果的に暗譜してしまうのか、それとも、暗譜が必須(目的)なのか、というのは、違うと思います。音大の入試や各種コンクール、それにプロのリサイタルは暗譜が必須のようですが、それを、一般のピアノ愛好者に適用するのは、私は疑問に思います。最近、特にそう考えるようになりました。

    > 酔狂さんの分析面白いです
    > でも、普通って・・・なかなか到達できない
    > ですね・・・

    はい。《普通》は難しいです。ピアニストがどれだれ練習したのか、ホントに尊敬してしまいます。
    こんにちは。
    普通の曲を普通に、、、難しいですよね。

    私は名前のように、再開組なので、過去に10年超のピアノ歴があります。
    そうすると、人によっては、プロ並みにいろんな曲が弾けると思われるようで、困ります。

    今の目標の一つは、ポピュラーソングを初見で、それなりに、できれば歌いながら弾くことです。
    この時期なら、古いけれど 贈る言葉 とか。

    ですが、バイエル程度ならまぁ弾けますが、それだとハ長調にかえてあったり、いかにも お子様アレンジで、普通感がありません。

    原曲のキーで、となると 中級レベルに上がり、初見ではとても弾ききれず、ましてや歌うとなると…


    また、どうやって弾いているか、考えてみましたが、
    子どもの頃は、弾きこんで自然に覚えたと思いますが、楽譜を脳内再生して、見ながら弾いていたかもしれません。今は絶対できませんが。

    片手練習は、私はした方が良いかもしれません。
    でも、両手で弾いて、曲全体をつかみながら進めているようにも思います。

    子どもが音程を間違って ドレミ で歌うのは耐えられません。 自分は絶対音感で、ややズレまでは許容でき、自分で歌うのは 結構ズレる感じ?


    だらだらした文章になりましたが、
    面白く、ヒント満載だと感じました。

    普通レベル目指して、ピアノ続けましょう!

    • 再開両立ママ
    • 2015.03.07 Saturday 07:57
    再開両立ママさん、こんにちは。酔狂です。

    > 今の目標の一つは、ポピュラーソングを初見
    > で、それなりに、できれば歌いながら弾くこ
    > とです。
    > この時期なら、古いけれど 贈る言葉 とか。

    海援隊の武田鉄矢さん、いいですよね。私の世代だと、ちょうど彼がデビューした頃から知っています。「コラ! 鉄也! なんばしようとかいな!」が強烈に記憶に残ってます。それまで、こういうコテコテの方言で語る曲って、あんまり無かったと思います。贈る言葉は、もう完全に卒業式定番ソングですね。

    > 原曲のキーで、となると 中級レベルに上が
    > り、初見ではとても弾ききれず、ましてや歌
    > うとなると…

    弾き語り、かっこいいです。私が習っているピアノ教室でも昨年暮れのコンサートで、ムーンリバーの弾き語りをしたお父さん(大人から組)がいて、もう、会場大うけ、大絶賛でした。がんばってください!

    > 子どもの頃は、弾きこんで自然に覚えたと思
    > いますが、楽譜を脳内再生して、見ながら弾
    > いていたかもしれません。今は絶対できませ
    > んが。

    ピアノの先生でも、歳をとると暗譜は厳しくなってくるそうですから、何か工夫をしないといけないんだと思います。曲を覚えるのに、「何か」を手がかりにしないといけないので、それは、ラベリング能力か読譜力しか無いかなぁ、と思って今回の記事を書きました。

    > 子どもが音程を間違って ドレミ で歌うのは
    > 耐えられません。 自分は絶対音感で、やや
    > ズレまでは許容でき、自分で歌うのは 結構
    > ズレる感じ?

    贈る言葉、ちょっと「探り弾き」してみたら、最初の「くれ〜なずむ、まちの〜」ぐらいは、一本指奏法で何とかなりますね。最初にどの鍵盤からスタートしてもいっしょ。見事に相対音感です。ただ、曲のイメージからドレミはまったく思い浮かばないので、ホント当てずっぽうに弾いているだけです。この音とこの音に黒鍵使っているから、いま私、♯三つで弾いてるのね。♯三つって、何調だっけ? えーと、えーと、A-Durだったかなぁ。てな調子です。音感のある方からすると、あり得ないようないいかげんな調性感です。

    検索してみたら、原曲はF-Durのようですね。絶対音感のある方だと、このへんのずれが無いと思うので、音感がある方がうらやましいです。

    > 面白く、ヒント満載だと感じました。
    >
    > 普通レベル目指して、ピアノ続けましょう!

    ありがとうごさいます。私も頑張ります。
    お久しぶりです!
    またまた目からウロコのオンパレードでびっくりしております。

    >「ラベリング型」の音感の方に、「ノン・ラベリング型」の音感を身に付けていただくための、暗黒のソルフェージュ(笑)の練習です。

    これピアノ歴10年の娘にやってみました!(ツェルニー40後半程度)
    「う〜気持ち悪い」
    楽譜のメロディーに合わせて歌詞のように歌えずに、途中で音程が狂ってました!
    私はぜ〜んぜん平気です。

    さらに不思議に思った娘がピアノの鍵盤をたたいて音を当てるテストをさせられました。

    結果

    娘・・・100点満点
    私・・・20点 ドからソまでしかわからないことが判明

    「お母さんそれネタじゃないよね」
    と言われましたよ〜

    ほんとにわからないんですもん
    もう9年習ってるのに
    ショパンのワルツとか弾いてるのに(←クソ根性弾き)

    酔狂様のおっしゃるとおりです。
    「ドレミ・鍵盤位置ラベリング能力」は全くゼロです
    だから弾けないんだ
    だから上達しないんだ
    原因がハッキリわかりました。

    「50肩の悪化」という大義名分でピアノをお休みして半年がたちます。
    でも本当は「挫折」なんです。
    下手過ぎて頑張る気力もしぼんでしまったままなんです。

    このブログ読んで、またピアノに向かう希望の光が見えたような気がします。
    (・・・って以前、中級の壁を読んだ時も言ってたっけ)
    「リアルタイム読譜・運指力」の強化という方向性で頑張ってみます。

    ピアノの先生には絶対わかってもらえない大人初心者の悩みを
    スッキリと解決して頂き、本当にありがとうございました
    • たんたん
    • 2015.03.29 Sunday 23:28
    > お久しぶりです!

    たんたんさま、酔狂です。前回、コメント頂いたのが、2012年のようですね。こちらこそ、お久しぶりです。

    > またまた目からウロコのオンパレードでびっくりしてお
    > ります。

    ありがとうございます。相変わらず屁理屈パワー全開です(^^)v

    > >「ラベリング型」の音感の方に、「ノン・ラベリング
    > 型」の音感を身に付けていただくための、暗黒のソルフ
    > ェージュ(笑)の練習です。
    >
    > これピアノ歴10年の娘にやってみました!(ツェルニー
    > 40後半程度)
    > 「う〜気持ち悪い」
    > 楽譜のメロディーに合わせて歌詞のように歌えずに、途
    > 中で音程が狂ってました!
    > 私はぜ〜んぜん平気です。

    ありがとうございます。こういう情報が欲しいのです。絶対音感と相対音感の違いについては、皆さん興味があるようで、いろいろな調査があるのですが、ラベリングの有無についてはなかなか情報がありません。

    でも、無い知恵しぼって、あれこれ考えて、ここが大人の初心者のネックになっているのでは、と思い、記事にしてみました。やはり「ぜんぜん平気」な人も多いんだと思います。それがピアノの先生には、なかなか実感として理解してもらえないのが、けっこう指導上の盲点になっているんだと思います。

    それにしても、お嬢様も着実に進歩してますね。もう、立派なピアニストですね。

    > 「お母さんそれネタじゃないよね」
    > と言われましたよ〜

    読んでいて、思わず吹いてしまいました。すみません。
    「ネタ」じゃないんです! 切実なんです! (笑)

    > このブログ読んで、またピアノに向かう希望の光が見え
    > たような気がします。

    ええ、ぜひ、一緒に頑張りましょう!
    こんにちは。
    先日のレッスンでの雑談から感じたことがあり、コメントします。

    大人の初心者、再開者が、私以外にも何人かいたそうですが、8割方は1-2年で辞めてしまったそうで、ファミリーコンサート←家族のみに公開 に出ていたのは、私だけでした。

    人前に出ない理由はいろいろあると思いますが、人前で演奏すると、練習せざるをえないこともあり上達はします。多分…

    また、1-2年で辞めてしまうのは、当初 1年後、2年後には、この程度は弾けるだろうというレベルに達しないからかな? と思いました。

    発表会が2年に一度の教室は多いと思いますが、一年間基礎固めして、半年から一年かけて曲を仕上げて… というペースが途方もなく遅く感じられるのではないかと。


    趣味で取り組む場合の、練習ペースと進度が、最初に提示されれば、大人も子どもも親も、覚悟が決まったりするのでしょうか?

    習い始めの3年、その後は2-3年毎の目標設定、何とか10年続けると、またちがってくるでしょうか?
    私自身は、十数年目にショパンのワルツを弾かせて貰って、そこで転機がありました。

    まとまらない文章になりましたが、ここで失礼します。


    • 再開両立ママ
    • 2015.04.08 Wednesday 13:26
    再開両立ママさん!私もそう思います!
    人前に出ると上達します!

    私は娘の発表会にソロで毎年出てます。もちろん大人は1人。
    昨年は自分の習っている教室の発表会にも参加させてもらいました。ソロと連弾。
    なので、演奏の機会がたくさんあり、楽しめるしモチベーションも上がります。
    同じ今日を演奏するわけにいかないので、むちゃくちゃ頑張ります。

    前回の先生のところには4人くらい再開組と、大人初心者が習っていましたが、今でも続けているのは私だけです。多分、その方々も発表の場があれば違ったと思います。

    それにある程度のレベルになると、上達が見えにくくなります。中級の壁ってこともありますが、そんな時人前で演奏すると、聞き手からの感想が得られたり、上達してるねーって言われたりして励みになります。

    そして練習ペースもかなり重要です。私は今まで4人の先生に教わりましたが、ペースは先生によってもかなり違います。

    学生の時の先生はものすごいハイペース&厳しくて息つく暇もないほどでした。譜読みがやっとの状態で、「ハイ、ペース上げて!」「はい、ここクレッシェンド」「はい、ここまで続けて」「はい、次の曲」って感じ。でもこれが私にあっていて、気持ちが乗ってくるので、いつの間にか指が回る、譜読みが速くなるという感じでした。

    また、今の先生はとても曲想を大事にしていて、イメージをふくらませないといけません。チェルニーひとつとっても、ここはキラキラと弾いてねとか。難しい・・・
    自分のレベルが上がってきたら、こういうところも頑張らないといけないですね・・・
    でも、もうちょっとでいいから早く仕上げて、次の曲に行きたいです。

    目標は大切ですよね。3年ぐらいの目標(私は幻想即興曲!)、10年目くらいの背伸びした目標(革命のエチュード!)、これが弾けるまでは頑張るぞー!!!


    再開両立ママさんは、転機があったから続けられているんですね!
    • みい
    • 2015.04.08 Wednesday 20:26
    みいさま、私のコメントまで読んでいただきありがとうございます。嬉しいです。

    再開組なので、ブランク20+α年で、再開して2年です。
    ショパンのワルツは、転機でしたが、子犬のワルツ等 数曲弾いて、満足して一旦辞めてしまいました…

    再開後は、ブルグミュラーを1冊通してから、ボチボチ曲を弾いています。
    少し前に、ショパンのワルツ9番を弾きました。
    だからと言って辞めた時と比べて、できることとできないことがあります。

    なので、自分のテクニックレベルに相性の良い曲を先生に見つけてもらっています。

    今の憧れ曲は、ショパンのエチュード 別れの曲です。自己満足で良いので3年以内に弾けたら。
    あと、今年中にシンフォニアに入りたいですね。

    私のちょこっと練習は、ツェルニー100番なのですが、毎日のツェルニー5分が ちりつも だと感じています。
    お互い、目標に向かって、ピアノを 楽しく 弾き続けましょう。


    • 再開両立ママ
    • 2015.04.08 Wednesday 22:56
    再開両立ママさん、私も別れの曲弾きたくて、30年くらい前に楽譜買って持ってます
    中学か高校の頃に買いました

    その頃は、ピアノは楽譜読んだら弾けると思ってました
    習っていないのに憧れが強かった証拠です
    いつの日か挑戦するためにとってあります

    毎日の5分大切ですよね
    週1時間まとめてより、毎日触ること
    恩師に言われたこと
    「毎日朝トイレに行くように、習慣にするといいよ」

    酔狂さま、ここで会話していてごめんなさーい


    • みい
    • 2015.04.09 Thursday 07:12
    皆さま
    酔狂です

    ここで会話して、もう、ぜんぜんOKです。(^^)
    最近は、ピアノ好きが話し合えるような掲示板が無くなってしまって、残念に思っています。
    ここでよろしければ、どんどん使ってください。
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM