ゼロからでもピアノは弾ける

趣味ではじめた大人のピアノの記録。2004年に45才でバイエルからスタートしてクラシックの原曲に挑戦中。消音ピアノの活用や練習のヒント、工夫など。気が付けばピアノ歴10年越えです、相変わらず、下手です。はぁ・・・(^^)
<< グランドピアノの中に落とした鉛筆 | main |
全記事の総合目次 いままでの記事がすべて整理してあります。
ピアノのギシギシ音対策
すみません。今回も「駄ネタ」です(^^;)

皆さん、ピアノのギシギシ音て、気になりませんか? 私のピアノも、けっこう「うるさい」です(笑)。ふと、思い立ったので、その対策です。

●ピアノ椅子

まずは、ピアノ椅子。ひっくり返すと、四隅にナットがあります。これがけっこう緩んでいる事があります。



六角レンチで締め上げます。私の椅子は、14mm径でした。



次にピアノ椅子の高さを調整する稼働部分。



ここに、潤滑油を吹き付けます。(だいぶ昔に買ったKURE CRC 5-56です)



これで、だいぶ静かになりました。

●ダンパーペダル(右ペダル)

次に、ダンパーペダル。どこがギシギシいっているのか、グランドピアノの下に仰向けに潜り込んで調べてみました。(けっこう重労働・・・笑)

すると、ダンパーペダルのシャフトの先端と、受け側の革製の部品のところが、主なギシギシ音の発生源のようです。



ペダルを踏むと、この部分が上に突き上げられます。その時、金属と革が擦れて、音が出ているようです。下は、ペダルを踏んだ状態です。



次に調律師さんが来た時に、革でも大丈夫な潤滑剤(普通の油だとちょっとマズイと思います)を塗ってもらえばいいのですが、応急処置を考えてみました。



みっともないけど、バンドエイドです。(見える部分じゃないから、別にイイんですけど・・・)

これで、まだ音はしますけど、だいぶ静かになりました。まあ、ペダルから余計な雑音が出ないように踏むのも、テクニックのうちです。

●グランドピアノの脚の取り付けナット

あと、今回はやりませんでしたけど、経年変化でグランドピアノの脚の取り付けナットが緩んでしまっている場合があります。



ピアノがなんかグラグラするように感じたら、ここを締めましょう。ウソみたいに安定します。

今回は、このあたりで。
 
| 坂上酔狂 | 雑記帳 | 09:46 | comments(5) | trackbacks(0) | - | -
そんなに自分でできるところがあるんですか!
でも、自分でいじるのは正直怖いです・・・

ビーンって聞こえたとき、どこが反響しているのかわからなくてそのままです。
気になる日と気にならない日があります。

酔狂さん、技術やさんみたい!

この写真見ていたら、ぐるぐるしていて酔ってしまいそうです・・・
| みい | 2016/03/08 4:23 PM |

みいさま
超遅いレスで申し訳ありません。コメント、みいさまのコメント見落としてました。
ビーンという音は、たぶん共鳴現象なので、大きめのクッションを置くとか、ちょっと家具の位置をずらすとか、で治る場合もあります。
「フラッターエコー 防止」とかで検索すると、いろいろ出てきます。参考にしてみてください。
| 坂上酔狂 | 2016/04/06 7:26 AM |

坂上さん、初めてコメントします。
昨年10月に約30年ぶりにピアノを再開しました、大阪在住のでかぽめと申します。

ピアノ再開時には、こちらのブログに本当にお世話になりました。及び腰の私を後押ししてくださったと申しますか、、、実際に声をかけていただいたわけではありませんが。
また、今はハノンとツェルニー30番、インベンションをレッスンで見てもらっていますが、特にインベンションが亀のような歩みでして、、、自分でも情けないなあとため息が出るときがあります。このようなときも、こちらのブログを読んで参考にさせていただきました。

常から、坂上さんてどんな方かなあと想像していたのですが、、、、5月に、坂上さんの大師匠S先生の単発レッスンを受けていらっしゃる方と知り合い、予想以上に簡単に単発レッスンを受けることができると知りました。

それで、無謀にも8月にS先生の単発レッスンを受けました。先生の美しいお歌とともに、素晴らしい時間でした。

S先生から、今後のシステムをお伺いしたとき、
年3回発表会があり、特に12月の発表会は全国からいろんな人たちが来るから気楽に出てね、と言っていただきました。

そのとき思わず、S先生に坂上さんのことをお伺いしてしまいました(ご迷惑でしたらすみません。)そしたら、毎回参加されてらっしゃるとか。

今年、来年は年子の子どもたちがそれぞれ大学受験で参加できませんが、落ちつけば12月の発表会に一度参加したいと思っています。

坂上さんにご挨拶とお礼を申し上げる日が来るかしら、、、

ブログの更新の方も楽しみにしております。
お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。
| でかぽめ | 2016/10/02 5:58 PM |

でかぽめさま、はじめまして。坂上酔狂と申します。

しばらく前に、角先生(S先生でなくても大丈夫ですよ)から、「わざわざ私のブログを見てレッスンを受けに来られた方がいた」と伺っていたので、それがでかぽめさまの事だったのですね。

なんか、すごく皆さんに誤解されているのですが、私は、けっして上手いわけでもなんでもなくて、むしろ、下手。でも、諦めずに続けていてれば、何とかなる、という見本だと思っていただければ、と思います。

今年の12月の発表会には出ようと思ってます。しかし、まだ曲が決まってなくて・・・いやぁ、いつもの事なのですが。この12月の会は、わりと初心者でも気楽に出れる会です。パーティー(飲み会)付きで、これが一年の楽しみ、といいう方も多いです。かなり遠方から参加されている方もいます。でかぽめさまも、大阪ということなので、簡単には東京に来れないと思いますが、お子様の受験等が一段落したら、ぜひご参加してみてください。

今後とも、よろしくお願いしますね。
| 坂上酔狂 | 2016/10/03 6:12 AM |

坂上さん、お返事ありがとうございます。とってもとっても嬉しいです!!

昨夜も坂上さんの「中級の壁を乗り越えれるか」シリーズを,ら読み直していました。何回読んでも、新たな発見がある内容です。

9月の発表会では、坂上さんはベートーヴェンを演奏されたのですよね?会場の皆さんの講評がそろそろお手元に届いているころでしょうか、、、
私も応援したかったです。

角先生のことは、実はこのブログで知りました。
そして、先生の著作を3冊ほど購入して何度も読みました。
8月にそのうち2冊に先生にサインをしていただき、練習がしんどくなったときは、眺めたりしています。

角先生のレッスンも時間に余裕ができたらまた受けたいなあと思っています。

坂上さんに、発表会でいつの日かお会いして、演奏を聴かしていただくことを一つの励みとして、ピアノをまずはもう一年頑張ってみようと思いました。

実は、仕事と家事で結構いっぱいいっぱいで、ピアノを弾きながら寝てしまうことも多く、ピアノは滑らかに弾けないし、いろいろと悩んでしまう日々でした、、、

お返事いただき、とても励みになりました!ありがとうございました!!
| でかぽめ | 2016/10/03 11:59 PM |










http://blog.suikyou.watson.jp/trackback/784001
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

このページの先頭へ